« 使い方は正しいか? | トップページ | 不思議な出会い »

2011年6月24日 (金)

はちく

年に一度「はちく」を持ってきてくれるお客さんがいらっしゃいます。

梅雨の時期に伸びる筍の一種なのですが、春先に食べるのが、孟宗竹。そのあとに出るのが真竹。そして今が破竹です。

いわゆる普通の筍とは全く違い、かなり地上に出てきている長い状態で食べます。

普通の筍は、土から出てきてしまうと、二束三文ですが、そうではないのです。

ところが我々も扱いにそう慣れているわけではないので、毎年困ることがあります。

(何処から何処までが食べれるか分からない)

そんな素人のような疑問なのです。

生の状態で皮をむいてみると、すべて真緑。

まさに竹の状態です。

しかし糠で湯がきあく抜きをしたものは、黄色っぽく変色して、食べれるようになります。

しかし、やっぱり固い部分もありますし、節は固くて食べれないところもあります。

香りは非常によく、歯ごたえもあり、季節感はたっぷりあります。

湯がきあげたものを食べれるところかどうかを、食べながら確認して、下処理をしていきます。

今日は破竹を焚いて、それに寿司飯を詰めた破竹寿司。

鶏肉と焚いた煮物がおかずになりました。

とっても美味しくいただきました。

« 使い方は正しいか? | トップページ | 不思議な出会い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 使い方は正しいか? | トップページ | 不思議な出会い »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ