« 蔵元を囲む会 | トップページ | 救急搬送 »

2012年2月23日 (木)

鯛料理試食会

Photo 本日、道後の旅館で

「子規が愛したタイ料理試食会」

がありました。ああ、変換間違っています。鯛料理でした。面白いのでそのままにしておきます。

子規は東京に行ってからも松山の鯛料理をこよなく愛していたそうです。

中でも潮汁(鯛の骨を使って取っただしに、鯛の身を入れます)、鯛の洗いは最高と友人にも書簡で伝えているそうです。

そんな歴史的な物語を背景に、何とか松山の名物料理を作りたいと、魚市場、旅館、調理師会などが力を合わせて取り組もうとしているところのようです。

魚市場こそ付き合いがあるものの、旅館でもない、調理師会にも属さない私にとっては完全部外者ですが、市場の買出し人として案内が来たので、勉強になるかもと思い、参加させてもらいました。Photo_2 上が松山鮓で下の画像が鯛なますです。

他にも刺身、洗い、潮汁、押し寿し、などがありましたが、昔からのお料理を何とか美味しく、そして物語とリンクさせて提供できないかと考えないといけないとの問題提起。

美味しく作ることははっきり言って簡単です。

基本的なことをしっかり押さえて、いい素材を使えば出来ると思います。

ただ、どこにでもいる鯛を

「松山のものです」

というためにはかなりの努力が必要です。

空港を降りたら

「鯛の街松山へようこそ」

くらいは最低書いておいてもらわないと、観光客には受け入れられないでしょう。

さて、ブレイクするものか?見ものです。

私的には少しだけ気に入った料理がありました。が、うちで使えるかというと話は別のようで・・・

ましてや鯛尽くしとなると・・・

« 蔵元を囲む会 | トップページ | 救急搬送 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 蔵元を囲む会 | トップページ | 救急搬送 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ