« 義弟の来松山 | トップページ | 空豆のかき揚げ »

2012年4月10日 (火)

お花見 (松山 石手川)

昨日からの続きです。

花見は日本の独自の文化であるということを知ったのは、花見が終わった開けて月曜日の朝のテレビにて。

東京で外人たちが喜んでお酒を飲んでいました。

そして口々に

「花見は日本の文化です」

と言っておりました。

ただ、弟にも聞いてはいました。

「お花見ってしないの?」

トロントには(ハイパーク)という公園があって、いろいろ理由があって、戦後、桜の木がたくさん植えられ、今ではカナダの桜の名所になっています。

そんなことを知っていたので、聞いてみたところ

「しないね」

との事でした。

なんとなく外国の人って、好きそうなイメージがあるのですが、外でご飯を食べるのは、バーベキューやキャンプだけだそうです。

それで花見をやるって言ったら、喜んできてくれたわけです。

私がちらしずしを作り、妻が牛肉とセロリのトマト煮込み、鶏の香草オーブン焼き、ポテトサラダ、キッシュ、ローストビーフを作りました。

まさに弟向けのお料理です。

そして飲み物はピエモンテのロゼスパークリングワイン。

近年無い、いい花見でした。

そのまま公園でのんびりして、一度片づけに帰り、そのまま弟は東京へ帰って行きました。

彼は妹なしで初めての松山でしたが、楽しんでもらえたことだと信じています。

「また来てね」

というと

「おせち料理の時には来ます」

と言っていました。

彼は今週が日本での仕事の山場のようです。Vittorio2               弟と桜です

Photo            狭いのに私と長男は凧揚げです

« 義弟の来松山 | トップページ | 空豆のかき揚げ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 義弟の来松山 | トップページ | 空豆のかき揚げ »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ