« ゴールデンウィークです | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

2012年5月 4日 (金)

人につきる

昨日、研究者の従兄弟と飲みに行きました。

彼には会うたびに

「ねえ、研究の調子はどう?何か出そう?」

と聞くと、決まって

「凄いことになるかもしれないよ」

と言います。

何がすごいのかは分かりませんが、そんなにすごかった話も聞かないですし、今でも研究を続けているということは、それなりの成果はあげているのでしょう。

つまり彼は毎日毎日

(ひょっとしたら凄い結果が出るかもしれない!)

と期待しつつ、さらに期待ができるような研究テーマにそって実験しているのです。

これって凄いことだなと私なりには解釈しています。

話を聞いていると、研究も事業も商売も本当によく似ているように思います。

こんな風にやってみようと研究者や経営者がテーマを作り、それに沿って計画を立て、努力していくわけです。

いきなり凄い結果が出るわけもなく、1つ1つ地道なことの積み重ねで、偉大な研究結果や良い決算が生まれてくるわけです。

我々も日々そうしたテーマを持ちつつ、さらに今商売していることが1歩1歩であるということを理解しつつ、精進しないといけないと思っております。

そして彼が言うには、何より大事なのは人だということです。

学年で質の良い学生が集まった年にはおのずと良い結果が出て、残念な学生が多い年はひたすらに耐え忍ぶ時期なんだととらえているそうです。

私もその通りだと思います。

彼のような利口な人間も努力しています。私ももっと知恵を絞らないといけないようです。

« ゴールデンウィークです | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴールデンウィークです | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ