« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

お誕生日

父の60数回目の誕生日でした。

久しぶりに店にお花が沢山並びました。

(今年一年、立派に活動しました)

という成績表のようなもので、いいとも悪いとも、私からは言えませんが、もらった方は悪い気はしないでしょう。

うちのチビたちも小さな花束を握り締めて、カウンター越しに

「おじいちゃん、おたんじょうびおめでとう」

なんてやっておりました。Photo

2012年6月29日 (金)

やまもも

八百屋さんから電話が入りました。

「ヤマモモを付きあわされたのですが、買っていただけませんか?1パック18個くらい入って、いくらいくらで・・・」

とお値段を言ってくれます。

Photo そこで私が

「それは何にしたらいいんですか?」

と聞くと、八百屋さんもしっかりしています。

「それを考えるのがあなたの仕事です」

ごもっとも。散々ああでもない、こうでもないといったうえで

「いりません」

とはいえず(最初っからいくつかは買う気でしたが・・・)

結局

「10パックください」

というと

「えっ!」

と驚かれていました。

さて、ヤマモモが到着しました。食べてみると案外酸っぱい。

私が昔盆栽に付いていたのを食べた時はもっと甘くておいしかったような。

明日、少しコンポートにしてみて、残りはジャムにしてシャーベットにしてみようかと思います。

2012年6月28日 (木)

いろいろ考えてみる

さあ、月末です。

大事な大事な献立を立てねばならない時期です。

大方決まりましたが、油物(揚げ物)が決まらない。

どこかで見てきて何となくヒントを得た

「納豆のかき揚げ」

納豆好きの私にとっては面白い一品でしたが、全くと言っていいほど上品さに欠けていました。

居酒屋さんにあるとお酒のあてに

「いけるね!」

ってなりそうでしたが、料理屋には不向きのようです。

次に思いついたのが、枝豆のかき揚げ。

実際にやってみて、美味しいけれど、インパクトが足りない。

しかも剥くのがもの凄く大変。

多分調理場に死刑宣告のようなものです。

30人くらいお客さんが入ろうものなら、4袋位の枝豆をサヤから出さないといけないはず。

できるのか?できないのか?

やる価値はあるのか?ないのか?

思案のしどころである。

2012年6月27日 (水)

買っちゃいました

リーデルのワイングラスです。

P000714_l1 今まで店にあったものはピノ・ノアール用でした。

費用もたくさんかかるので、それでボルドータイプのワインもカバーしていましたが、せっかくだからということで、奮発。

これで思いっきり楽しんでいただくことができます。

しかし、それにはワインを飲んでもらうことが必要なのですが、うちは京料理やなんで、無理強いはできません。

日本酒に飽きたら、ワインでもいかがですか?

2012年6月26日 (火)

老朽化

先日、1階のお部屋で天井から水漏れしているのを従業員が気付きました。

大騒ぎして天井の吸気口をはずしてみると水が出て、それをふき取る作業に追われました。

翌日、業者に来てもらうと、2階と1階の間の配管から水漏れしていたとの事。

応急処置をとり、今のところ問題ないようなので、様子を見ている状態。

しかし1階の天井部分のクロスが浮いてしまい、見苦しくなったので、同級生のクロス職人に連絡して見に来てもらいました。

「ははあ、どうやろね?」

と言いつつ、手際良く注射針で糊を打ち込んだり、コーキングしたりして処置をしてもらいました。

後程見てみると、さすがプロ。見違えるほどきれいになっていました。

今回は事なきを得ましたが、いろいろな部分が経年による劣化で、ガタがきています。

いたるところがそんな状態なので、一体今後どうなるのか不安です。

築およそ30年。無理もない時期なのかもしれません・・・

2012年6月25日 (月)

7月のワイン会

お知らせです。

7月14日土曜日、6:30~月例のワイン会を開催いたします。

今回のテーマは

「アルザスワインと和食の調和」

と題打ちまして、和食と非常に相性が良いとされるフランスアルザス地方のワインに着目してみたいと思います。

フランスの中にあり、中でもマイナー産地と言っても過言でないアルザスになぜ着目するのか?

実はほんとに和食に合うワインを産する地域だと言えることと。

そしてこれが大きいのですが、今回フランス食品振興会の協賛を得て、

アルザスワイン委員会とEUが協力してくれまして、少しワインを購入する費用を負担してくれます。

後、分かりやすいように地図やパンフレットの提供もしてくれる予定です。

そんなこんなで7月はアルザス週間。

しかし協賛には条件があります。

少しばかりお勉強の時間を作らないといけません。

しかも飲食することなく!

少し皆さんには勉強していただく予定です。

そんなことで、会費はいつも同様に8,400円(税サこみ)です。

ふるってご参加ください。ちょっぽしいいワインを飲んでもらおうと思っています。

2012年6月23日 (土)

撮影

先日、CMの撮影をしました。

Photo

知人からは

「CM作るの?」

ときよみずのコマーシャル作りだと思われている方がいらっしゃいましたが、そうではありません。

以前から決まっていたことではありますが、どうなるのか分からず

「公表したけど、話がとんだ」

というのだけは避けたいと思っていたので、あまりお話ししていませんでした。

しかし、すでに収録もすみ、編集の段階に入ったということで、おそらく大丈夫だろうと思い、公表しようと思います。

http://c.cocacola.co.jp/entertainment/cm/ayataka/itamae.htm

このコカコーラさんの綾鷹のCMに使ってもらえることになりました。

しかし私、本当に演技下手なんです。朗読もダメで、子供の絵本を読むのも妻のほうがかなり上手。

後は編集にお願いする以上ありません。

ちなみに7月16日ごろからテレビ愛媛のみでの放送になります。その間上記のURLから入ってもらうと、おそらくWEB CMという形で流していてくれるんだと思います。

私も恥ずかしいですが、楽しみにしております。

それにしても収録って長いんですよ。30秒取るのに5,6時間も撮るんです。

私、寝ちゃいそうになりました。

2012年6月22日 (金)

ぶどう

次男を幼稚園に連れていく途中のこと。

家の駐車場の軒に大きな棚を作って、ブドウの木を植えているお宅があります。

幹から見てもかなりの樹齢。しかし一本だけです。

ワインバカ=ブドウバカであります。

しかし、ブドウまで観察する人はかなりのオタクで、大抵のワイン好きはブドウ作りにまでは興味を持っていらっしゃらないことと思います。

私は一時期

(ブドウを植えたい)

と思いましたが、勉強するうちに、いくつかの問題点が浮かび上がりました。

・日本では雨が多く、良いブドウを作るのは難しい。

・樹齢が高くないといいワインは作れない。

樹齢の話になると、今植えて、さらに30年くらい待たないとまともにならないと言うので、さっさとあきらめましたし、

・何より法律でアルコール発酵をさせてはいけない

ということなので、どっちみちブドウ作り=ワイン作りというのは不可能なわけです。

そのお宅、寒い時期からブドウが芽吹き始め、展葉します。

弦が伸び、巻き付き始めて、瞬く間に全体が青くなっていったかと思うと、すぐに花の蕾ができ、開花。そして結実と目まぐるしく変化します。

今はすでに房状のブドウがいくつもできています。

そして日に日に実が太っていきますが、おそらくこれは雨のせい。

ブドウの実には水ばっかり溜まって、果糖は蓄積されていなはずです。

次男に

「あのブドウはなんだろうね?」

というと、

「あれはね、山ブドウじゃない?」

と言います。

「どうして山ブドウなんて知っているの?」

「絵本で見たんよ、白い山ブドウ」

確かにそのお宅にあるブドウは白系の品種。

しかし、私が知っている山ブドウは黒ブドウばかり。白いものがあるかどうかは定かでありませんが、ブドウ品種が知りたいです。

家では毎朝おばあさんがブドウを見ていますが、話しかける勇気はありません。

子供に聞かせてみても良いかも。

2012年6月21日 (木)

許せん!

今日の賄いはロールキャベツでした。

調理場の賄いは手隙の時間に掻き込むのが日常なので、おかずを温めようかどうしようか悩むくらい私的には急いでいます。

さすがにロールキャベツの中身は冷えていると食べにくいだろうと思い、先にサラダを食べながら、その時間にレンジで温めていました。

そして温まったロールキャベツを取り出し、食べます。

なぜか小さいキャベツの葉っぱばかりが巻いています。

(芯の方で葉っぱが小さいから何枚ものキャベツで巻いているのかな)

と思ってみたものの、いくら剥いてもキャベツだけ。

結局キャベツのキャベツ巻きでした。

賄いを作った子をつかまえて

「なんやこれ、キャベツばっかりやンか!」

と文句をつけると、平然とした顔で

「ロールキャベツですから」

と答えます。なんとも私の前で良く言えたものよと偉そう振りますが、続いて

「最後に肉が無くなったんで、キャベツだけになりました」

ですって。そんな当たりを私はもれなく引いてしまったわけです。

気を取り直し、他のを取ると、問題なく肉が透けて見えています。

(おろかな。私は他のものと形も見た目も全く違うものを何気に選んでしまったんだ)

と悔やみましたが、後の祭り。

結局次の物は温めることもなく冷たいまま食べる羽目になりました。

2012年6月20日 (水)

言葉と好みと

お客様からワインのご注文をいただきました。

「白ワインで辛口でお任せします」

と言ってくれました。

ただ、基本甘いワインは置いていないので、果たして他にヒントがないかと、いろいろリサーチします。

香りはとか熟成した味わいが好きかどうかとか、お値段のこととか。

最後の決め手になったのが

「やっぱり、とにかくすっきりしたのがいいよね」

私はその“すっきり”を鵜呑みにして

(すっきり、辛口。これしかない)

と一本のワインを思いつき、お客様にお出ししました。

大抵の場合は

「いいね、これ」

という風になるのですが、今日の場合は違いました。

「う~ん、すっきりし過ぎているかな」

私としてはまさか(すっきりし過ぎている)という表現があるとは想像もしていなかったので、内心愕然としました。

ただ、うちはお客様に恵まれていますが、普通にホテルやレストランではこんなことは日常なんだろうなと思うと

(大変だな)

と思います。

言葉からお客様の本心を引き出す。なかなかできることではありません。

2012年6月19日 (火)

眠気

驚くほど影響のない台風でしたが、他の地域は大丈夫なのでしょうか。

さて、私は1年越しで意味不明のかゆみから、アレルギーの薬を飲み続けさせられています。

以前はもう少し軽いものだったそうなのですが、2カ月くらい前から効きが悪くなり、さらに他の薬を処方すると言う話になり、

1週間ずつ2種類の薬を試し、今のんでいる方が選ばれました。

その薬を処方する前にドクターが

「眠気を伴うのですが、車などを運転される仕事は危険なのですが?」

というので

「仕事で基本運転はしません」

と言い、今の薬を飲むことに。

最初のうちは

(眠気など感じないな)

と思っていたのですが、しばらくして

(ひょっとして?)

と思うようなことが表れ始めました。

包丁を持って、細かい作業を始めると、急に強烈に眠たくなるのです。

凝視して、長く続く作業がどうも一番ダメなようで、先日は30個ほどの梅の皮むきをしていると、

立っているのがやっとなくらい眠たくなりました。その時

(ああ、これなんだ。これは車は危ないわ)

と思いました。薬の力はすごいもんですな。

2012年6月18日 (月)

台風

来るのか?

どうも来そうですが、仕入れは大丈夫なのか?お客さんのキャンセルはないか?

心配の季節になってきました。

しかも知らないうちにもう一つ増えてるみたいだし。

やってくれるじゃないか…

2012年6月15日 (金)

破れてます。

仕事中、腰をかがめてしたものを取ろうとしたとき、何気にお尻がというより、股付近が涼しい。

何気に手を当ててみると

(あ、破れている)

しかも今破れたような大きさではありません。

恐らくずっと前から破れていながら、汚れたらクリーニングに出して着てを繰り返していたのでしょう。

ひょっとしたら、誰かお客さんに気付かれていたかも。

我々は仕事中前掛けをしています。

ですから下半身はおおむね隠れていたりするのですが、たまにチャックが合いていたままの時があったりします。

しかし前掛けをしているので誰にも気づかれませんし、指摘もされません。

とは言え、恥ずかしいことには変わりありません。

ちなみにおしりを触った後、ちゃんと手は洗いましたからご心配なく。

2012年6月14日 (木)

お疲れさまでした

本日、祖母が他界しました。

御歳102歳の大往生でした。

6,7年ほど前から足の調子が悪くなり、不自由な生活はしておりましたが、比較的頭のほうがしっかりしていました。

「100歳まで生きるのが目標」

とかねてからそう言っていた祖母は、2年と半年を超えて、その目標を達成いたしました。

長かれ、短かれ、生き物は必ず死を迎えます。

人間もしかり。生まれた時から死に向かってのみ歩き続けているのです。

その一生をどれだけ有意義に生きるかというのを、たった自分だけの満足の尺度に当てはめて歩き続けているに過ぎないのではないかと思います。

その過程でいろいろな人に影響を与えているだけなのです。

私も祖母からはいろいろな影響を受けました。

本当に永い間ありがとう。そしてお疲れさまでした。

これからはゆっくり休んでください。

2012年6月13日 (水)

うなぎ

暑くなるとともにだんだん食べたくなってくる、うなぎ。

私も好物の中の一つに数えるほど好きな食べ物です。

ところが今年は皆さん御承知のように、稚魚不足からうなぎが高騰しています。

もちろん高騰しているのは養殖ウナギの話です。

普段の相場は1㌔当たり3000円~3500円です。

それが今年は5500えん~6000円と倍近くの跳ね上がり方をしているのです。

それに比べて、天然ウナギは特に例年通り変わったこと無い値段です。

とは言え、もともと普通の感覚では手の出ないような価格ですから、値段が変わらないのも無理はありません。

限られた人だけが食べているということなのです。

きよみずでも今月は料理のお値段に応じて、天然ものと養殖物を使い分けて、焚き合せにしています。

ただ、少し料理につけただけでも良い値段します。

今年は私がお腹いっぱいうな丼を食べることはなさそうです。

心配する事ではないのかもしれませんが、うなぎの専門店てこんな価格で商売できるのでしょうか?

食べなくても生きていけるものですから、厳しいかもしれません。

2012年6月12日 (火)

愛媛FC

勧められて、愛媛FCの協賛広告を買いました。

Photo どうですか?見事なパロディー広告です。

(意味が分からなければすみません。分からないようなら、個人的にメールにて解説いたします。)

新聞社の方も恐る恐るの投稿だったようですが、お客様からの反応がないのか、わざと無視しているのか・・・

私的には遊び心が合って、面白い広告だと思います。

いかがなものでしょうか?

2012年6月11日 (月)

テレビ取材(愛媛県砥部町七折小梅編)

テレビの取材がありました。

今回は梅の産地、愛媛県砥部町の梅干しを使った料理の実演でした。

Eat  梅と言えば定番の鱧。カメラの接近で視野に入ります。

いいものを撮ってもらいたい気持ちと、いいものを撮りたい気持ち。しかし番組的に良くないといけない。

いろいろな妥協が必要です。

Eat2 料理は写っていませんが、テーブルの上の料理を撮影しています。

放送は6月15日(金)愛媛朝日テレビ(eat)午後5:36~のJチャンネルえひめで放送されます。

私の出させていただいた特集は6:15くらいからの放送予定だそうです。

時間の都合がつく方はご覧いただけたらと思います。

(しどろもどろかもしれませんが)

2012年6月 9日 (土)

6月ワイン会

本日、6月のワイン会を無事終えました。

今月はアメリカオレゴン州のワインでの会で、なかなかレアな催し物となりました。

これはある業者さんの勧めで、ワインを飲ませていただき、気に入ったので、値は高いけれど何とか会に使えないかと思い、頭をひねり、ようやく実行することができました。

予想通り反応は良く

「凄く和食に合いますね」

と皆さん口々に言ってくださいました。

私も酢の物と合わせることのできるワインは貴重なのですが、今日のオレゴン州産のリースリングは甘酸っぱい味わいが、ポン酢を使った料理にベストマッチでした。

こういう会を開きつつ、また自分の中でも発見があり、さらにお客さんが喜んでくれる。

非常に有難い話です。

今日は楽しくお仕事させていただきました。

2012年6月 8日 (金)

時期的なものか?

ちょっとメディア付いています。

近々で数回取材等の申し込みがありました。

放送、掲載予定などが正式に決まりましたら、告知させていただきます。

ちなみに月曜日は取材の撮影。

6月22日もテレビ局が入るため、この日のみは昼懐石の営業をお休みさせていただきます。

2012年6月 7日 (木)

快適です

ネクタイを付け始めて数カ月。

次第に暑くなる季候に

(このまま真夏を迎えたら!)

と恐怖を覚えつつ、日々仕事をしておりました。

しかし、だんだん汗をかく量が多くなり、本当に

(何とかしないと)

いけない状況になってきました。

いろいろな人に、アイデアをもらおうと相談しましたが、圧倒的に多いのが

「気合いで我慢なさい」

という精神論。

私が聞きたかったのはそんなことじゃなかったのに。

そんな私に光明が差したのはあるスーパーの父の日フェアーでのこと。

藁にもすがる思いで、クールビズコーナーを見ていると、あるじゃないですか。

(これいいかも)

と思ったのはシャツ型ポロシャツ。

ポロシャツに使われる薄めの鹿の子生地なのですが、襟だけはしっかり硬くなっているのです。

これなら素肌に着れるし!

色めき早速購入。翌日即着てみたところ、ものすごく良い。

見た目、大抵の人はワイシャツだと思うはずです。

そして体感温度で3度は違います。

ひょっとしたらこれで夏場もネクタイを付けたまま仕事を続けられるかもしれません。

2012年6月 6日 (水)

お父さんって

朝起きると、次男が

「お父さん、パンあげるからね。食べといてね」

と言います。

(まあ、自分が食べ残したものをあげるといっているんだろう)

くらいに安易に考えていた私が甘かった。

なんとメロンパンの美味しい側、さらに下まですべて食べつくし、中の全く味のないスポンジ状のパンだけを私に食べろと言うのです。

Photo

甘くてカリカリした所だけ食べた様子。これでは冬場に食べ物が無くて木の皮を食べる鹿と一緒です。

恐るべし5歳児。

まあ、黙って食べましたけど。

妻は傍で笑っていました。

2012年6月 5日 (火)

二日酔い

昨日はうちの卒業生の八神の大将と飲みました。知り合いの料理屋さんに行ったのですが、なんだか最初っからテンションが高く、冷酒を飲みつつ、早々に酔っぱらってしまいました。

もっともっと建設的な意見交換をするつもりが、何となくただの飲み会になってしまいました。

「親の言葉と冷酒はあとで効く」

格言通り、本日はひどい二日酔いでした。

とりあえず午前中の仕事はこなしましたが、昼休みの2時間をフルに睡眠に使いました。

私の家はマンションなので、二日酔いの酒臭さを漂わせながら、住人達と同じエレベーターに乗るのが嫌なのですが、こんな時に限って誰かと一緒になります。

さらに

(息を止めておこう)

と呼吸をしないようにしているときに限って、幼稚園へ送るために一緒に来ている次男が

「ねえ、お父さん・・・」

とかと話しかけてきます。

多分、評判悪いんだろうな、私。

2012年6月 4日 (月)

思い切って

きよみずでは今まで通年真鯛を使っていました。

鯛には秋、春の旬がありますが、厳選すれば問題なく通年使える、ある意味便利な高級魚です。

しかし、一応オフシーズンというものがある以上、とりあえず頭から鯛を消してみよう。

と考えました。

鯛にひと際思い入れのある父にとっては思い切った決断になったでしょうが、そこからきよみず的には何かを得ることができるかもしれないと思っております。

ある意味1つのかけではありますが、とりあえずここ2カ月くらいは特別いいものが入荷したり、お祝いの席の場合は除いて、鯛を使わないつもりです。

どれくらい店の料理が変わるものか、少し楽しみにしております。

2012年6月 2日 (土)

ジャマ?

今朝、仕込みの時、店に子供たちを連れてきました。

Photo こういうのを見ると、私も昔を思い出します。

私は見ていただけで、魚をさばけるつもりになっていました。

Photo_2 やはり男の子。

楽しそうです。

正面の二人は邪魔そうですが…

2012年6月 1日 (金)

水無月

6月になりました。

今月が終わるとすなわち1年の半分が終わったことになります。

梅雨になる時期、健康管理が大事です。

健康には食が大事ですが、ついに今年も鱧が登場しました。

今年は温かい鱧の落としをお客さんに出す予定にしております。

お造りですけど、温かいってわけです。

ワイルドだろ?

ただ、お部屋にお持ちするまでにどれくらい冷めて、さらにすぐにお客さんが口にしてくれるかどうかが問題なのです。

お料理を運ぶ女性陣達と連携を取りながら、試行錯誤してみたいと思います。

また、写真を載せたいと思います。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ