« やってしもた | トップページ | 盗み酒 »

2012年9月10日 (月)

気になること

今年、はじめて気になったことがあります。

高知に行った時のこと。

田んぼの稲の中に雑草がたくさん生えているのです。

(これは一体?)

と思いました。

普通の光景として、穂が付いている稲よりも背の高い(猫じゃらし)のような雑草が生えている絵って、あまりなじみがないのではと思います。

田んぼには稲ばかり。

もちろん、苗の時には小さな雑草が生えているのを見ますが、しばらくすると見なくなると思います。

それを見たとき

(これって自然派農法?鴨はいないの?)

なんて思いました。

それともただの

(なまけもの?)

とも思いましたが、真相は不明です。

昨日、久万高原町へ行きました。

そこの道端にも同じように雑草の生えた田んぼがありました。

この田はまさに稲刈り寸前の稲がありましたが、それよりも背の高い雑草がたくさん生えていました。

はたして農薬などを減らしてそうなっているのか、草引きを怠ってそうなったのか、今は分りません。

« やってしもた | トップページ | 盗み酒 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やってしもた | トップページ | 盗み酒 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ