« 赤坂 重箱Part2 | トップページ | 素晴らしい解釈 »

2013年10月29日 (火)

火おこし体験

先日、お客様の会社のイベントにご招待いただき、家族でお伺いいたしました。

_b_l___b_2_4

プロパンガスや圧縮酸素などの気体を扱う会社で、そのため、ガス関連の商品の展示から、液体窒素を使った遊びなど、様々な催しがあり、子供たちは非常に喜んでおりました。

中でも一番楽しそうにしておりましたのは、これ。

_b_l___b_1

原始的な火おこし体験です。

板の上に紙を敷き、縄をかけて、木と木をこすり合わせて、摩擦熱で発火させます。

本当はこれで火種を作った後に、しゅろに巻いて、本当の炎にするわけですが、危険なのでその間際までです。

人は火がなければここまで進化することはできませんでしたでしょうから、子供たちにとっては価値ある勉強となったことでしょう。

その後炭火で焼いたソーセージを美味しそうに頬張っていました。

« 赤坂 重箱Part2 | トップページ | 素晴らしい解釈 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤坂 重箱Part2 | トップページ | 素晴らしい解釈 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ