« どこも一緒で | トップページ | 悲しいお土産 »

2013年11月26日 (火)

虚偽表示の余波

当店はたくさんの伊勢海老を年間通して禁漁期以外使っております。

品物の多くは城辺という愛媛の南部に位置する漁港に水揚げされたものを仕入れています。

しかし、先の食品偽装、虚偽表記の問題以来、その相場に若干の影響が出始めました。

仕入れ先の話では都会から来た買付人が、地方ではありえないような金額でセリに参加し、買い付けて行っているそうです。

なるほどおそらくそのからくりは以前は

「伊勢海老」

と表記しつつ、オマールを使ったり、違うもので代用していたのでしょう。

しかし、今になってこんなことになり、仕方なく本物を仕入れているのではないでしょうか。

そんな状況を証明するかのように、お皿や重箱に入れるそれなりの細かいものを買っているかのように思われます。

悪いことや、いい加減をするもの勝手ですが、相場が有れるようなことだけはしていただきたくないです。

« どこも一緒で | トップページ | 悲しいお土産 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« どこも一緒で | トップページ | 悲しいお土産 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ