« 松山と高松 | トップページ | インドアビュー »

2014年4月22日 (火)

塩鮭

本日、店の冷凍庫から鮭のフィレ(身だけのもの)が発見されました。

真空パックになって冷凍されていたので、いつのものか分かりませんが、食べるには問題ないことは確かです。

若い子が解凍して、切り身にしようとしていますが、彼が身質の異変に気づきます。

「あれ?」

しきりに首をかしげています。

私が

「どうしたの?」

と尋ねると、なんとなく普通の鮭の身ではないと思うとのこと。

1つ切って焼いてみると、なんとものすごい量の塩の結晶が焼き上がりに鮭についているではないですか!

「これって、めっちゃ辛い塩鮭じゃないの?」

という話になって、食べてみると、これはこれは!

一切れ食べると熱が出そうなくらいの塩辛さです。

「これ一切れで、ご飯3膳いけるんじゃない?」

なんて冗談を言いながら、食べてみました。

ただ、従業員もよく知ったもので、やはり売れ行きは芳しくありませんでした。

« 松山と高松 | トップページ | インドアビュー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 松山と高松 | トップページ | インドアビュー »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ