« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月29日 (月)

サクランボ

頂き物です。

Photo

今年の初物。

そして、桐箱入りのものなどめったにいただけるものではなく、食べたらお腹がびっくりして、調子が悪くなるのではと恐る恐るいただきました。

とっても美味しく、甘酸っぱくて、初恋の味でした。

                        (なんでやねん)

2015年6月26日 (金)

大湯呑

バブル期の遺産を取り出しました。

Photo

私個人所有の大湯呑。

それはそれは細かく書き込まれた染付です。

20年以上前から持っておりますが、もちろん、当時はお茶を入れて飲んでいました。

当時の私がこのお湯のみで、ウィスキーのソーダ割りを飲むことになろうとは想像できなかったことでしょう。

いいものなので積極的に使っていくことにします。

割れたらその時です。


2015年6月25日 (木)

自家製ベーコン

Photo_2

久しぶりに自家製ベーコンを作りました。

豚バラのブロックに塩味やハーブの香りをまとわせて、燻製にかけるだけです。

今回は塩抜きもうまくいき、とても美味しくできました。

せっかく美味しいのに、業態柄お店では使えないのが残念です。

鯛のベーコン巻・・・

やっぱりうちでは無理だな。


2015年6月24日 (水)

飲み比べセット

遅ればせながら、当店でも導入いたします。

Photo

愛媛の地酒を少量ずつで飲み比べいただけるようなセットを作りました。

セット内容はお任せいただきます。

お客様のお好みの愛媛の地酒を探す一助になれば幸いかと存じます。

どうぞよろしくお願いいたします。


2015年6月23日 (火)

ウィスキーセミナー

珍しいセミナーがあったので、行って参りました。

Photo

世界5大ウィスキーを飲み比べるウィスキーセミナーです。

5大ウィスキーとはスコッチ、アイリッシュ、バーボン、カナディアン、そして日本です。

それぞれ作り方などに個性があり、香りも味も全く異なります。

現在日本では某朝ドラの影響で、ウィスキーの消費が伸びているそうです。

しかし、かつて日本は一大ウィスキー消費国で、1980年代には現在の2倍以上の消費があり、一年間に成人がボトル換算にして6本以上消費していたことになるそうです。

すこし消費が回復してきたとはいえ、まだまだなのだとか。

2

回復の一翼を担うのがわれわれ飲食店とまでは言いませんが、少しは力になれるのかもしれません。

和食にも合わせやすいのがウィスキーの良いところ。

是非、試してみていただければと思います。


2015年6月22日 (月)

漢字の書き順

子供たちが小学校で漢字を習うようになり、大人もいろいろ考えさせられるようになります。

漢字とは日本人にとっても難しいもので、とても特殊な文字だと思います。
まず「どうだったかな?」と思わされるものは、送り仮名。
何気なく使っているものも、
「どちらが正しい?」
となると
「どっちでもいいんじゃない」
というようなものもあり、それでは子供は困り、親の役目は果たせません。
そしてこのところ揉めているのが書き順。
ちゃんとしていたつもりが、小学1年生レベルの漢字の書き順が違っていて、驚愕しました。
驚かれるかもしれませんが、「上」という漢字。
私はずっと横から書き始めていましたが、縦が正解なんですね。恥ずかしい限りです。
もう一つ恥ずかしいのは「可」という字。
まず横線を書いた後に口を書かないといけないのに、縦を書いていました。
こんなことがなければ、一生知らなかったかもしれません。
良かったと言えばよかったのですが、早や長男5年生の算数になるとわからないものも出始めました。
先が思いやられます・・・



2015年6月19日 (金)

天然ウナギ

今年も何とか入荷しております。

天然のうなぎです。

Photo

静岡県産ですが、今回のものは何せ、非常に大きく、物が良いです。

食べられたお客さんは

「こんなのは食べたことがない」

と大絶賛。確かに身は厚く、脂の乗りも申し分ありません。

一時の間、入荷予定です。

是非ご賞味いただきたく存じます。

品切れもございますので、事前の確認お願いいたします。


2015年6月17日 (水)

どんな使い方?

調理場の従業員が

「生卵を冷凍すると、加熱しても黄身が固まらなくなるそうですよ」
と教えてくれました。
さっそく何かにしてみようと思い、天婦羅にしてもらいました。

Photo

出来上がりはこんな感じです。もちろん冷凍のまま揚げています。
中身はというと

2

思惑通りのトロットロです。

作ってみたものの

「で、何に(何の料理に)使う?」

と言う事で、今度はそちらを検討します。


2015年6月16日 (火)

猫被害

街中のカラスの被害も深刻ですが、野良猫の被害もかなり深刻です。

街中には猫が住みやすい、ビルの隙間がたくさんあり、残飯等の餌もほどほどあります。
しかし、猫の場合、迷惑にもエサやりをやる近隣住民がいるのも確かです。
場所場所に餌箱を置き、日ごとに餌やりに回っているのを目にします。
私は見かけると注意しますが、
「すいません」
と言って逃げるだけで、反省は見られません。
当店も裏側が調理場になって、そこらが猫のすみか、そしてエサやりばになっているようで、鳴き声や衛生面でも問題が出かねません。
何とかするすべはないかと思案しておりますが、捕まえるわけにもいかず、困っております。
何か良い手立てはないものでしょうか・・・

2015年6月15日 (月)

発芽

長男が学校から稲モミをもらって来て、水耕で発芽させていました。

かなり良い勢いで成長していくのを見て、
「これを植えて、お米が採れないかな?」
と言っていたので、やり方を調べたら、バケツででもできるはずよ。
と言っておきました。すぐにパソコンを開き、稲の育て方を調べていました。
しかし、ある朝
「お父さん、稲が枯れてしまった。なんでやろ?」
というので
「枯れるって、なかなかないと思うけど、何か入れた?」
と聞くを
「ナメクジがいたので、塩をかけた」
と言います。水は代えたとのことですが、どうやら塩害のようです。
結局すべて枯れてしまい、悲しそうにしていたので、私が食べている玄米を発芽させてみることに。
食べるときにも、少しは発芽させて、それから焚いているので、可能性はあるのかなと思っておりました。しかし、モミがらが付いていないことに何か影響がないかと心配しておりましたが、どうも問題ないくらい育って参りました。

Photo

玄米の状態でもしっかりと育つものなのだと植物の力を再確認いたしました。

果たして収穫までこぎ着けるか!

2015年6月13日 (土)

牡丹鱧

今月の昼懐石のお椀です。

Photo

鱧を使ったお料理で、名前は

「牡丹鱧」

と言います。鱧の骨切りをした身がお湯をくぐらすことで花開き、大輪の牡丹のように見えることからこのように命名されました。

その上に旬のジュンサイをたっぷりと乗せ、熱々の出汁を張ります。

香りには梅干をまろやかにして焚いたものを添えます。

この時期ならではのお料理です。

お椀いっぱいの大きな鱧、そしてつるんとした食感のジュンサイ。少し酸の効いた梅干。

何とも滋味深い味わいです。私が大好きなお椀でもあります。

うっとおしい梅雨でもこうした美味しいお料理があれば、まだ許せますね。


2015年6月12日 (金)

暑い?熱くない?

今日、父が

「暑い、暑い、猛暑だ」
と嘆いておりました。
実は私はこれに共感できず
(そんなに暑いかな?)
とずっと思っておりました。
確かに、階段をあがったり、外で日向にいると
「えらい天気がよくて、暑いな」
と感じましたが、そこまでとは思わなかったので、父の体調を心配して
「暑いのは調子が悪いんじゃないの?」
と聞いたくらいでした。
しかし、妻も
「暑い、暑い」
と参り気味。私が自室で昼寝をしていると
「こんなに暑いところで、良く寝られるね?」
とあきれられてしまいました。
どうも私があまり暑くないだけで、他の方はとっても暑いようです。
お客様も
「今日はひどかったな」
とおっしゃられていましたから。梅雨最中ではありますが、夏はすぐそこのようです。

2015年6月11日 (木)

生七味

面白い薬味が登場しました。

その名も
「生七味」
です。何が生か?正直、あんまりわかりませんが、少なくても、唐辛子は生の青いと唐辛子を使っております。

Photo_2

青のりの佃煮をベースとして作り、それに唐辛子や山椒、一味、柚などを入れていきます。

素材としては7つ以上の香辛料、および食材が使われています。

味を簡単に説明しますと、少し柚胡椒に似ていますが、味自体は柚胡椒よりもはるかに複雑で、味わい深いものがあります。

これは店の料理人が作ったもので、色々な利用価値がありそうですが、今のところ、可能性を含んだままの状態で、何に使っていくのかは決まっていません。

お肉につけたり、焼き魚にも良さそうです。

麺類や、ご飯も美味しかったです。

いろいろ考える人がいるものです。


2015年6月10日 (水)

玄米食

すぐに何かに感化されてしまう私は、ある本を読み

「食べてみよう」
と思ったのが、玄米。
そう思い立つと、居てもたっても、いられなくなり普段はお買い物をしない近所のお米屋さんに買いに行きました。
「どれくらいから買えますか?」
との質問に、不思議そうに
「いくらでも計りますよ」
と言ってくれるので、100gだけ買う事に。
沢山買って美味しくなくて、食べれなかったらいけないんで。
でも買って、お支払いをしてあまりに少なくて、安いので、内心
(もう少し買えばよかった)
と恥ずかしくなりました。
で、買ったものがこれです。

Photo

正直、見るのも買うのも、食べるのも初めてです。

従業員達もそんな感じでした。

ただ、1日以上水につけていかないといけないと言う事で、すぐには食べられないのも難点です。

そして、本日炊いてみました。

評判では「臭い」「硬い」「まずい」などがありましたが、私にはそのような感想はなく、どことなしか香ばしく、味があり、美味しく感じました。

ただ、これを食べ続けられるかどうかと言う事になると、別の話になるのかもしれません。

何せ、面倒ですね。


2015年6月 8日 (月)

松山料理組合総会

昨日、料飲組合の支部の総会が行われました。

大事な年に一回の総会ですが、私は会自体にはさほど興味はありません(すみません)。
楽しみなのは何と言ってもその後にある懇親会。
中には懇親会目当ての不届き者がいてもいいじゃないですか。
ね、皆楽しそうにしているでしょ。
実はわたくし、その日の朝、健康診断があり、胃カメラをご馳走になりました。
その前の晩から何も食べずに、お昼の総会に行ったものですから、撃沈です。
お休みしてしまいました・・・

2015年6月 6日 (土)

大騒動

けさ、出勤してみると、大きな方の水槽に、10匹ほどの鱧が優雅に泳いでおります。

当店の水槽は3段構えになっておりまして、普通の魚たちがいる大きな水槽。
次に大きな水槽は伊勢海老用。
そして、一番小さな水槽が鱧、もしくは渡り蟹用で、季節によって変わります。
本日、魚の配達の人がいつもと違う人だったようで、そのことを知らず、大きな水槽に鱧を入れてしまったようです。
しかし、うなぎのように長いこの魚を捕まえて、小さな水槽に移す作業の大変な事。
網を見るとバックしますし、頭が網に入っても長すぎて出てしまいます。
そんな格闘を父がまずやって、そのあと私と二人でやって、30分以上の時間を費やしました。
もったいない時間の使い方をしてしまいました。
今思えば写真を撮っておけばよかったのにと、後悔しております。

2015年6月 4日 (木)

結局のところ?

この手のダイエット本を手にするのは2度目です。
世の中には諸説ありまして、よくわからないのが正直な感想です。

「いったい何を食べたらいいのでしょうか?」
という感じになります。
糖質?脂質?
絶対にいえることはというと、この本の表題通り
「運動で痩せることは不可能」
これは真理だと思います。走るより、食べないほうが簡単ですもの。

2015年6月 3日 (水)

愛媛の蔵元を囲む会Ⅱ

本日は「愛媛の蔵元を囲む会」の日でした。

今月は内子町の酒六酒造様をお迎えして、会を催しました。
酒六さんは京ひなというブランドで、良いお酒を全国に向けて発信されております。
寒仕込みにこだわったこちらのお酒は、お料理の寄り添う、味のある辛口。味わいがあるものの、後味が切れるというお酒を目指されております。

Photo

今年で3回目の開催ですが、昨年よりも進化されております。

上等なお酒をお持ちいただきました。

ありがとうございます。

ちなみに6月9日にも同じ会を催しますが、あいにく満席を頂いております。


2015年6月 2日 (火)

青梅

ようやく季節のものが入荷しました。

Photo

この時期、必ず作る料理です。

青梅をきれいに皮を剥きます。

Photo_2

皮を厚く剥いてしまうと、実が無くなるので、できるだけ薄く剥きます。

これを銅の鍋で湯がき、酸を抜き、白ワインのシロップで焚きます。

青梅の甲州煮です。

甘酸っぱくて、大人の味です。

この時期の疲れた体にはもってこいかと思います。


2015年6月 1日 (月)

イベントのお知らせ 琉球南蛮作陶展

本日から当店ギャラリーにて、南蛮陶器の作陶展を開催しております。

2

沖縄の土にサンゴなどを練り込んだ趣のある実用的な器が中心です。

Photo

明日まで作家さんも沖縄からお越しです。

是非ご観覧いただければと存じます。

Photo_2

ご来店お待ちいたしております。


« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ