« 愛媛の蔵元を囲む会。 | トップページ |  南瓜 (家庭菜園) »

2015年9月18日 (金)

 銀杏坊主

先日めったにないことに銀杏の殻剥きをしました。

普段は従業員がやっているのですが、たまたま何となく見かけた銀杏を手に取ったしまったわけで、この仕事が始まるのですが、
今の銀杏はまだ時期が早いので、昨年のものを塩漬けにした「塩蔵銀杏」なのです。
特に品質の問題はないのですが、一つ難点は銀杏の殻と実がきっちり引っ付いており、なかなか殻が外れにくいことです。
それをやっていて、親指の爪が割れてしまいました。
内心
(やらなかったらよかったよ)
と思いつつも、毎回従業員がこれをやっていると思うと気の毒に思い、何かいい方法はないかとネットで検索してみると、こんなのがありました。

Photo_3

割るだけではなくて、横にある爪で殻を外しやすいとか。

やってみましたが、やりやすいとは思いますし、爪が欠けることもありませんが、正直微妙です。

さて、使いこなせるようになるものか!


« 愛媛の蔵元を囲む会。 | トップページ |  南瓜 (家庭菜園) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛媛の蔵元を囲む会。 | トップページ |  南瓜 (家庭菜園) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ