« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月31日 (木)

サヨリにまつわる こわ~い話

春先に旬を迎える小魚の代表にサヨリがあります。

Photo

小型の青魚ですが、上品な脂ときめの細かい肉質が良さであります。

よく見てみると、サヨリのくちばしの先が赤いのがみえると思います。

これは春になると現れる婚姻色で、特にメスが赤くなるように思えます。

しかしこれがちょっとしたこじつけで、怖い話へと発展します。

サヨリの口が赤くなること「紅をさす」という人がいます。

もちろん、男が口紅を付けるわけではないので、サヨリを女性に例えているわけです。

そして、これがサヨリのお腹の中です。

Photo_2

実は薄い膜があって、それが真っ黒けなんです。
カンの良い方はもうお分かりだと思いますが、
サヨリは口に紅をさして、腹が真っ黒と言われます。
つまり女性は見た目とは裏腹の「腹」を持っているというたとえなのです。
よほど女性にひどい目にあわされた方が、このようなことを言いだしたのでしょう。
こわい話です。

2016年3月30日 (水)

魚出汁ラーメン

久しぶりに従業員がラーメンを作ってくれました。

Photo_2

当店ではお魚のあらを使って、みそ汁や雑炊を作りますが、これが時期的にダブつくときがあります。

それを使って、こうしてラーメンを作るわけですが、時々で具も違うし、出汁の味も変わってきます。

今日のは主に鯛のお出汁で、葱が安かったのか、たっぷりです!

中にはモヤシと豚バラの炒めたものと、メンマが入っています。

Photo_3

味も申し分ありませんでした。

よく

「食べさせて」

と色々な方から言われますが、こればっかりはNGですね。


お花見弁当

今年初めてのお花見弁当を作りました。

開花宣言されてから急に冷え込み、見頃にはまだまだといった松山の現状ですが、花はなくても花見はできる。といったところでしょうか。
当店にお花見弁当のご注文がありました。
ご予約いただくときに
「お花見弁当です」
と言っていただけますと、御飯をちらしずしに変えてお造りいたします。

Photo

本日は少し曇っていますが、昨日よりは暖かそうです。
良いお花見が出来ればいいですね。

2016年3月28日 (月)

シュールストレミング

従業員が知り合いから頂いたそうです。

Photo

シュールストレミングというスウェーデンの発酵食品だそうです。

ウィキペディア←詳しくはこちらから

書いたあるように屋内で開けるべからずらしいので、屋外で、万全を期して。

Photo_2

この時から、怪しいにおいが充満しておりましたが、今思えば、まだまだでした。

Photo_3

さあ、細かく切って試食です。とにかく臭いんです。

おならと1週間くらい置いた生ごみを合わせたような香りです。なんだかガス臭いのです。

ひと口口に含むと、一瞬は

(あれ、いけるかも!)

と思うのですが、次の瞬間にすごい臭気が襲って来て口中に広がり、飲みこむことさえできません。

絶対に無理な食べ物でした。

これを食べたら、納豆が臭いなんて言う人はいないと思います。

2016年3月27日 (日)

和牛 最高ランク 入荷

熊本県産黒毛和牛の最高ランク A-5 12番が入荷しました。

Photo

イチボという部分で、お尻に近いところの部位ですが、さしはほどほどで、噛みごたえも少しあり、味わいが多い、希少な部位です。
鉄板焼きなどでは、非常に人気のある部分で、脂っこすぎるサーロインより、脂の少ないヒレよりも、このイチボが最高だという人もいるくらいです。

Photo_2

しかし、ここまできれいにさしが入ったイチボも珍しいものです。興味のある方は、お問い合わせください。

炭火焼き、湯引き等でご提供いたします。


続きを読む "和牛 最高ランク 入荷" »

2016年3月25日 (金)

開花宣言

お客様からたくさんの桜の枝を頂きました。

この方は家のお庭から、道路に向かって伸びる桜の木を、
交通の妨げにならないように剪定して、その枝を毎年当店に運んでくれます。
この桜のおかげで、時期には当店の玄関が一段と華やかになるのです。

Photo_5

頂いたその日は全くの蕾で、色さえも見えていませんでした。
翌日、蕾が膨らんでいるのはわかりますが、開花には至っていませんでした。
そして、2日経った本日、ついに開きました。

Photo_6

5輪以上咲いていますので、開花宣言ですね。

2016年3月22日 (火)

シーヴァス・リーガル

シーバスリーガルのテイスティングセミナーが当店で開催されました。

料飲店向けのセミナーでしたが、3種類ほどのウイスキーとシャンパン2種、わいん2種とたくさんのお酒を飲んでいただける、呼ばれがいのあるセミナーだったように思います。

Photo

店の入り口にはこうしてパネルを立て、雰囲気を出しています。

Photo_2

テイスティング用のグラスと、それに入ったウイスキーが並びます。空のワイングラスも準備されています。

3

さすが、きれいにディスプレイ。

これで夜のお姉さまもシーヴァスに虜な事でしょう。


2016年3月21日 (月)

天寳一

Photo

お客様のお勧めで

「天寳一というお酒がおいしいよ」

と聞いたものですから、さっそく買ってみるものに。

ただ、今回は珍しい

「せめ」

というお酒しか手に入りませんでした。

「せめ」とはお酒を絞る時に、最後の最後に酒粕の中に入ったお酒で、ある意味雑味が多く、上級酒の場合は混ぜられず、その他のお酒の場合には、全体に少しずつ入れることで、調和を取るような、じゃっかん

「いい部分でないお酒」

のようです。しかし、そのためと言っては何ですが、今回、大吟醸が、本醸造並みの金額で飲めると言う事になりました。


確かに若干クセがあるようにも思えますが、芳香性が豊かで、とても美味しくいただけました。

機会があれば、せめではない、一般のものを飲んでみたいものだと思います。

2016年3月19日 (土)

牡丹祭りのご案内

例年通り、今年も牡丹祭りとお魚の供養を行います。

場所は父の生家の浄明院というお寺です。

Photo

当日は法要のほか、餅まきもあります。

雨は勘弁してもらいたいのですが、この時期雨が多く、2回に1回は雨なんですよね。

皆様のお参り、心よりお待ちいたしております。


2016年3月18日 (金)

いちぼ

当店では炭火焼にするお肉は和牛のA5ランクのイチボという部位を使っています。

サーロイン、ランプからお尻にかけて続く、比較的高価な希少部いです。
さしが入るのですが、歯ごたえがあり、味がある場所なのです。
先日、ある知り合いのイタリア料理屋さんに行ったところ、赤牛のイチボがあったので、食べてみました。

Photo

赤牛なので、和牛に比べて、さしが少なく、さらに固さはあるのですが、本当に肉の味のある、美味しいお料理でした。

こうした肉も、だんだん歳と共に美味しく感じられるようになってきました。

さあ、当店でも脂の少ない、味のあるお肉を使う時が来るのでしょうか!


続きを読む "いちぼ" »

2016年3月17日 (木)

最後のクエ

今シーズン最後のクエが入りました。

3

小ぶりですが、なかなかの肥え具合で、かなり期待の持てる品物でした。

来週中旬をめどに、この一匹を使い切って、終わりとなります。

ご予約、お待ちいたしております。


2016年3月15日 (火)

ネクタイ

お客様から頂きました。

Photo

素敵なネクタイです。

ご自身が付ける機会が無くなったので、是非と頂いたのではありますが、私も仕事以外では付けることがないので、もったいないですが、白衣の中に付けさせていただくことにしました。

素敵な柄で、頂いたときからテンションがすごく上がるのが分かりました。

もちろん、自分では買う事がないようなブランドなので、なおさらです。

ありがとうございます。


2016年3月12日 (土)

氷冷式冷蔵庫

その昔、冷蔵庫が登場した時にはこのようなものだったのかもしれません。

Photo

氷の冷気を利用して、庫内を冷たくする仕組みです。

Photo_2

上の段に氷の塊を入れて、下の段に冷やすものを入れます。

当店では主にお造りに使うお魚をここで保冷しています。

というのが、冷えすぎると逆に魚の身に悪影響があり、美味しく保管できないからなのです。

しかし、この冷蔵庫が市販されているわけではありません。

以前のものは20年ほど前に特注したものでしたが、今回もやはり特注。

東京の業者さんを探し当てて、打ち合わせの上、製作してもらいました。

出来上がりもきれいで、私的にはいいものが手に入ったと思っておりますが、いかんせん高額でした。

電気のモーターもついてないのに、電気のついているものの2倍ほどの金額がします。

そのおかげで、お客様に美味しいものがご提供できると思えば、安いものかもしれません。

品質第一 きよみず  ですから。


2016年3月10日 (木)

ワイン試飲会

Photo

ワインの試飲会がありました。

色々なワインを一度に味わう事が出来るのは、こうした機会がなければ、なかなかない事。

お昼の営業を休んでまで参加させていただきました。

Photo_2

最初はまばらだった人も、帰るころには身動き取れないくらいになりました。

すべてのワインを飲みこむわけではないのですが、それでもしたたかに酔ってしまいます。

面白いものが何点か見つかりました。いい勉強させていただきました。


2016年3月 9日 (水)

編み物

Photo

次男が母に編み物を教わっています。

本屋で「編みぐるみ」という週刊誌を買ってもらい、トライしましたが、結局自分ではできず、妻も「無理」との一言。

頼れる人は一人。と言う事で、お願いされた次第です。

まあ、教わっているというより、ただ、やらせていると言ったところかもしれません。

しかし、本も字が小さくて、図も細かく、見えません。

2016年3月 8日 (火)

シャブリ勉強会

魚料理に合うと、神話のように語り継がれているワイン。それが、

「シャブリ」
これはブルゴーニュの最北に位置する生産地で、太古の昔には海だったという事で、土壌からは貝殻などが多く産出する、石灰質土壌が特徴で、さらに地理的に北なので気候が

冷涼で、酸がしっかりしています。
そのため、昔から魚料理にはシャブリがあると言われています。
かつては日本でも
「和食にはシャブリ」
と言われてきました。
しかし、ここにきて、それがありきたりと思われ始めているようで、若干敬遠されつつあるのが現状のように思います。

Photo_2

同じ生産者のワインで畑違いのワインを検証していきます。

Photo_3

これだけ一度にテイスティングできるのは本当にありがたいものです。

Photo_4

様々な角度から、ワインを検証し、敬遠されがちなこの偉大なワインを改めて評価させていただきました。

いいワインでした。

2016年3月 4日 (金)

椿の展示会です

来週末に椿の展示会が開催されます。

Photo

うちの父も出品予定で、椿の小品盆栽を出すようです。

13日の日曜日には会場に父も出向くそうなので、ご都合のよろしい方は、ご観覧の上、お声がけいただければと思います。


2016年3月 3日 (木)

麻婆豆腐

Photo

賄いの麻婆豆腐です。

いわゆる当店の賄いのブームで、結構な頻度でメニューに出てきます。

さすが、凝っているだけはあり、最近の出来はだんだん良くなり、そこらの中華屋には負けてないのではないかとさえ感じます。

今日のはかなり辛めで、食べた瞬間、頭中の毛穴が開き、汗が出てきました。心地よい辛さでした。

2016年3月 2日 (水)

美味しいお酒

Photo

お客様から美味しいお酒を頂きました。

奈良の有名蔵「梅乃宿」の葛城というお酒です。

このお酒は山田錦を35%まで削った純米大吟醸で、辛口ながら、芳醇な味わいと香り、そして何とも言えない華やかさがあるお酒でした。

こんなたいそうなお酒が飲めるのも役得。

料理屋というのは、本当にありがたいものです。

そしてまた、夜は更けていきます。

2016年3月 1日 (火)

入荷しました

やっとお待ちかねです。

H28

今年のものは20キロそこそこと中程度の大きさですが、脂の乗りは抜群です。

早速入荷連絡待ちの常連様方に連絡したところ、ご予約が殺到しております。

皆様口々に

「待ってたんよ」

とか

「これがないと1年が無事過ごせない」

と言ってくれます。

そして本日のお客様も

「本当に幸せにさせてもらった」

と言っていただき、喜んで帰られました。

この20キロのクエはほぼ売り切れておりますので、今のところご案内はしておりません。

また次が入り次第、順次ご案内させていただく予定です。


« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ