« 魚出汁ラーメン | トップページ | 鯛塩釜焼 »

2016年3月31日 (木)

サヨリにまつわる こわ~い話

春先に旬を迎える小魚の代表にサヨリがあります。

Photo

小型の青魚ですが、上品な脂ときめの細かい肉質が良さであります。

よく見てみると、サヨリのくちばしの先が赤いのがみえると思います。

これは春になると現れる婚姻色で、特にメスが赤くなるように思えます。

しかしこれがちょっとしたこじつけで、怖い話へと発展します。

サヨリの口が赤くなること「紅をさす」という人がいます。

もちろん、男が口紅を付けるわけではないので、サヨリを女性に例えているわけです。

そして、これがサヨリのお腹の中です。

Photo_2

実は薄い膜があって、それが真っ黒けなんです。
カンの良い方はもうお分かりだと思いますが、
サヨリは口に紅をさして、腹が真っ黒と言われます。
つまり女性は見た目とは裏腹の「腹」を持っているというたとえなのです。
よほど女性にひどい目にあわされた方が、このようなことを言いだしたのでしょう。
こわい話です。

« 魚出汁ラーメン | トップページ | 鯛塩釜焼 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 魚出汁ラーメン | トップページ | 鯛塩釜焼 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ