« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月30日 (土)

鰻の代わり

巷で評判のナマズを焼いてみました。

近大のものではなく、四万十川産天然ナマズです。
Photo
頭と内臓をのけた状態で、届けてくれました。
表面は鰻同様に粘膜で覆われ、皮はヌルヌルです。
Photo_2
さばいてみると、皮あたりにはたくさん脂がのっていそうですが、身は淡泊そうです。
Photo_3
鰻同様に蒲焼きに。
脂が少なく、皮は固く、若干土臭さがあります。
鰻の代わりとはいきませんね・・・

2016年7月28日 (木)

ドラゴンフルーツ

JAの産直市で見つけました。

1
ピタヤと言う名前の果物(?)サボテンの種類の実で、別名ドラゴンフルーツと呼ばれています。
20年近く前から散見されますが、やはりまだメージャーとは言えません。
その果物が松山市近郊で作られているとは驚きです。
すぐさま手に取り買って帰りました。
Photo
カリウムとマグネシウムが豊富で、栄養価の面からも注目の果物だそうです。
水物に使ってみたいと思います。

2016年7月27日 (水)

赤肉メロン

北海道のメロンを頂きました。

Photo

夕張かと思っておりましたが、そうではないようです。

まだ、熟れきっていないので、ひたすらに熟成を待ちます。

そして、1週間ほど。

尻の方が軟かかくなって、いい香りがし始めました。

Photo_2


とってもおいっしいじゃないですか!

頂き物ではないと、こんな贅沢はできません。

ありがとうございました。

2016年7月26日 (火)

漢字のお勉強

次男が少し感じが苦手なようで、妻が気をもんでいます。

そこで母にお願いして、次男の漢字の勉強の手伝いをしてもらう事にしました。
Photo_2
毎日寝る前に漢字のプリントをします。
○付けをして、間違えたところは覚えるまで練習しています。
ただ、母も注意力が足りないようで、ハネや払いの部分の採点が若干怪しくなっております。
見てみると
(あれ、これ間違っとるな)
と言うのがあったりして。
ただ、やったことは身につくはずです。いずれ本人も祖母に感謝するときが来ることでしょう。

御四国参り

四国松山に住みながら、なんだか人ごとのお四国参り。

このところ、せいか遺産登録を目指すとか、空海生誕1200年などで、注目の八十八か所。
家族の意向もあり、今年はうるう年の申年とやらで、逆打ちがご利益が多いとのネタ。
みんなの時間があった昨日、四国霊場第八十八番大窪寺を車で訪れました。
Photo
山の中のいい雰囲気のお寺で、本来結願のお寺ですが、今回の我々にとっては発心のお寺です。
ここから心を清めつつ、5か寺ほど参拝いたしました。
次がいつかはわかりませんがのんびりお参りしたいと思っています。

2016年7月22日 (金)

担々麺

従業員にお願いして、担々麺を作ってもらいました。

Photo
美味しい!辛みは控えめでしたが、とても美味しかったです。
しかし、私は本物の担々麺と言うものを食べたことがないので、これが担々麺として美味しいのか、ラーメンとして美味しいのかは分かりかねまする。

2016年7月21日 (木)

贅沢な朝食

お中元時期ならではの贅沢な朝食の一皿。

Photo
これだけの果物が食卓に上ることはあまりありません。
頂き物とは有り難いものです。
朝からなんとなくは幸せです。

2016年7月20日 (水)

松山ワインクラブ400回記念例会に参加して

松山に私的サークルで、松山ワインクラブと言うワインを楽しむ会があります。

私はメンバーではありませんが、メンバーに知り合いの方も沢山いて、年に1度は当店でも例会を行ってくれています。
このサークルの凄いところは今年でなんと36年目
年に11回の例会を重ねて、400回目の記念例会を開催されることとなり、私もお邪魔することになりました。
400            まずは会長の挨拶です。
4002
今回はスペインワイン特集で、美味しいカヴァで乾杯です。
4003
この白ワインは秀逸でした。素晴らしいでバランスで、きれいな酸にたまげました。
4004
お料理も美味しいものばかり。ワインも進みます。
4005赤ワインはプリオラート。これも素晴らしかったです。
4006最後に36年前から会に参加され、事務局として活躍されてきたお2人に会から花束贈呈。ワインをこの上なく愛される2人です。
継続は力なり。歴史は作らないといけないもの。色々とご苦労もあったことと思います。素晴らしいパーティーでした。

2016年7月17日 (日)

レモンチェッロ

イタリアのお土産のレモンチェッロを頂きました。

南イタリアの名物のリキュールで、高アルコールの蒸留酒にレモンの皮を浸けて香り付けしています。
1
結構毒々しい色です。
2
そしてお酒といっしょにジェラートの素が入っていました。
妹に画像を送って翻訳してもらいました。
これでレモンチェッロのジェラートが出来るとのこと。
粉と水とお酒を混ぜて、ミキサーで5分間泡立てます。
で、凍らせて出来上がったのがこちらです。
3
ビミョーな味わいでした・・・
お酒は美味しいんですよ。

2016年7月14日 (木)

お浸しには

お弁当にほうれん草のお浸しを入れていますが、夏になってくると、だんだん茎が痩せてきて、旨みが減ってきます。

もっとも冬場の野菜なので、この暑い時に出回っていること自体が不思議なのですが、いま野菜に季節感はないですよね。
モロヘイヤは美味しくていいのですが、いくら湯がいてもかさ、が増えず、さすがに割に合いません。
そこで、「つるむらさき」と「空芯菜」という葉物野菜を買ってみました。
いつも通り湯がいて、お出しに付けて食べてみました。
どちらも癖がなかなか強く、あんまり万人受けするものではありませんでした。
一時お浸しの野菜探しをしないといけないようです・・・

2016年7月12日 (火)

読めます?

お客様からお軸を頂きました。

今が季節と言う事で、さっそくかけてみました。
Photo
最初の大井川しか読めず、これはどうしたものかと頭を抱えておりました。
そこで父の友人で、その道にたけた方に、写真をメールで送って、読んでいただくことに。
簡単に読めるもんなんですね。
「大井川 ふね笶の如し ほととぎす」(笶が正確には竹かんむりに前)
と読むそうです。柳原極堂の書で、高浜虚子の句です。
皆様は読めますか?

2016年7月11日 (月)

金時草

金時草と書いて(きんじそう)と読みます。

加賀の伝統野菜で、伝統野菜ブームでちょくちょく目にするようになりました。
あるお世話になっている松山の生産者さんが、サンプルをくれまして
「使ってみてください」
と言う事で、お浸しにしたり、天ぷらにしたりと料理をしてみました。Img_5868
なかなか面白い菜っ葉で、ヌメリが少しあり、少し強めの香りがあります。
ただ、今は商業ベースには無いとの事。松山の農家さんでも積極的に活動している方もいるのだと感心いたしました。

2016年7月10日 (日)

ズッキーニ花

今月の天婦羅はこちらです。

Photoズッキーニの花です。
洋食ではこの花の雌花をよく使い、詰め物などをしてフリットにしますが、当店は雄花を天婦羅にします。
ただ天婦羅にするんだったら、雄の方が美味なのです。
しかしこの花、以前は普通に八百屋さんが入れてくれていたのですが、どうもルートが無くなったようで、自分で探さないといけなくなりました。
お世話をしてくれる方がいらっしゃって、何とか今のところ毎日供給していただいています。
本当に感謝しています。
お客さんからも珍しくて、美味しいと好評です。
いつまでとれるかはわかりませんが、ある限りは使おうと思っています。

2016年7月 9日 (土)

7月ワイン会

今月のワイン会は「いろはわいん」の寺田社長にお越しいただき、世界一美味しい街、バスクのワインと和食と題しまして、興味深い会を開催いたしました。

Photo
                          開会前に寺田社長と
フランスとスペインとにまたがるバスク地方は海と山を控えた食材の豊かな地方で、観光、バカンスの土地として知られています。
こちらの地方のワインに見せられた、寺田さんは「和食とバスクのワインは合うんです」と言い切ります。
海が近く、食材もあまり手の凝ったことをせずに調理し、和食との共通点が多いとのこと。
今回は4種類のワインをご用意いただきました。
3
バスクと言えば「チャコリ」と言われるほどの、微発泡白ワインからの始まりです。
今まで飲んできたチャコリとは若干趣を変えた作りで、ふくよかさもあります。
私の中での秀逸は3番目の発泡ワインでボディーが豊かで、シャンパンにも劣らぬ出来でした。
皆様にも好評で、おかげさまで盛会となりました。
また、来月和食とワインを楽しむ会を開催いたします。
2

2016年7月 7日 (木)

ゴルフコンペ

暑い日が続いています。

こんな日にゴルフなんてと思われるでしょうが、ある企業様のコンペなんで仕方ありません。
朝からカンカン照りで、妻からは
「夏のゴルフはやめなさい」
と注意されるしまつ。
一応、無事に最後までプレイし終えることが出来ました。
しかし、疲れは半端ないです!
夜はもちろん仕事をさせていただきました・・・

蔵元を囲む会

Photo

今回は愛媛県内子町の酒六酒造さんが来られてのお酒の会でした。
フラッグシップの吹毛剣を始め、5種類ほどのお酒を提供していただき、当店の京ひなファンに味わっていただきました。
蔵元さんを交えて、色々な感想、意見等を述べあい、面白い、いい会だったと思います。
こういう会を開いて思う事ですが、人の情熱は伝えないと伝わりませんし、受け取ろうと思わなければ、いつまでたっても感じられない訳です。
ただ双方の思いが重なり合ったときの感動はこの上ありません。
そういう前向きな催しを今後も開いていきたいと思っております。

2016年7月 5日 (火)

蓮の花

父の生家、浄明院で蓮がきれいに咲いておりました。

Photo
先日法事で伺ったときに、きれいだったので、写真を撮りました。
他にもいろいろな色のものが咲いていたり、咲こうとしていたりと、いい状態でした。
興味がある方はご参拝いただければと思います。

2016年7月 2日 (土)

カキフライ

一度やってみたいと思っていたんですよね。

牡蠣は牡蠣でも岩ガキのカキフライです。
御荘産の岩ガキを使った特大のカキフライです。
これは食べ応えあるサイズと厚みです。
お客さんの評判もなかなかでした。
普段から用意はしておりませんので、ご希望の方は前もってお知らせください。

誕生日

先日父の誕生日でした。

こういう商売をして長くなると、(もちろん付き合い方にもよりますよ)いろいろお祝いしてくれる方が増えてくるものです。
よく
「年とってもおめでたくないよ」
とおっしゃられる方がたくさんいらっしゃいますが、誕生日でもないと、大人になって「おめでとう」なんて言われることないんですから、有り難い事なんだと私は思います。
今年も、業界方々からたくさんお祝いが届きました。
Photo
こんなお花がたくさんと、お酒、ワイン等が届きました。そして沢山のお客様にご来店いただきました。ありがとうございます。
そして、お誕生日おめでとうございます。

2016年7月 1日 (金)

グラタン

従業員がグラタンを作ってくれました。

Photo実はうちの次男の大好物。
うれしくてたまらない様子でした。
食べながら、「美味しい」を連発しておりました。
しかしこのグラタン、この大きさのフライパンで作るって凄くないですか?

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ