« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月31日 (水)

鰆の白子

春の魚「鰆」(さわら)ですが、春の終わりに、産卵のため、真子と白子が大きくなって、旬を終えます。

今シーズン最後であろうという鰆が入荷しましたが、お腹の中には大きな白子が。
賄いでバター焼きにしてくれました。Photo
女性陣は「うわーグロイ!」
とドン引き。
私も食べましたが、何となく食欲がわきません。
前回、フライにした時には、珍味で美味しかったのですが、いろいろですね。

2017年5月29日 (月)

ハンモック

梅雨入り前のいい時期にだけ、ベランダのウッドデッキに出てきます。

Photo
ハンモックの上で、だらだらとマンガを読む長男。
Photo_2嫌がる犬を抱いて、写真撮影に応じる次男。
この後二人とも
「酔った」
とのこと。
ちなみに家族全員、乗り物酔いします。

2017年5月26日 (金)

溶岩

Img_7558_2


父が盆栽を溶岩のようなものを鉢にして、植えています。
表面のごつごつが面白くて趣があり、さらには水はけもよいので、植物の根にも優しいのでしょう。
さて、この鉢様の溶岩のごつごつの中にいろいろな生き物が住んでいるようなのです。
本日はナメクジとダンゴムシが出てきました。
これを運んだり、触るのは気持ち悪いですね。
いいことばかりではないようで・・・

2017年5月25日 (木)

空豆

Img_7540

なんだかわかりますか?
過熟して、お料理の空豆として使えなくなったものを乾燥させて、それを焼いたものです。
本当は「カリッと」焼いて、お塩で頂く予定でしたが、オーブンの中で焦げすぎて、このざまです。
あらら、と思ったものの、このまま捨てるのは芸がないということで粉砕して、
「コーヒーみたいになるんちゃう?」
と言って、お茶にしてみました。
若い子が入れてくれて、口に入れてびっくり。
苦すぎます。
お茶にしても焙煎し過ぎということのようです。
たまに美味しくないものができるものです・・・

2017年5月24日 (水)

お茶会

お客様からご依頼を受けて、お弁当をもって、行って、お弁当を食べられたお客様に、その方のお宅のお茶室で、お茶を点ててふるまうという役をさせていただきました。

とはいえ、そんなに堅苦しい役ではなく、ワイワイと食事、会話、そしてお茶を楽しんでいただこうと言うものでした。
朝、お弁当を作り、着物を持参して、調理服で配達いたしました。
お宅に到着してから、お湯を沸かしたり、お菓子を盛り付けたり、お茶を濾したりと、用意を済まし、いざ、お点前用の着物に着替えようとしたとき
(帯を忘れた)
到着してすぐなら間に合うものの、今となってはどうにもならない時間。
お客様のお宅ででも貸してもらえそうなものでしたが、お客様はすでに接客中。
帯なしで何とかならないものかと思案してみましたが、難しそう。
そこで思いついたことが、風呂敷を帯にできないものかと。
きれいにたたんで腰に当ててみると、長さが足りない。
やっぱりだめかと思いつつも

(対角線を使ってみよう)
と斜めにして、ウエストに巻くと、届くではないですか!
苦肉の策よ。
と思いつつ袴を着けてみると何とか装着することができました。
その場は何とかこなし、暗い茶室内で帯のことに触れる方もおられず、帰って妻にその話をすると、脱ぎ際に、写真を撮られました。

Img_7536_2二度とこのような事が無いように、気を付けたいと思います。

2017年5月22日 (月)

アイナメ

Photo

テレビでも取り上げられるほどの幻の魚となってしまった、アイナメ。
松山ではアブラメと呼ばれています。
春から初夏にかけてのお魚で、皮が固いのですが、実は白身できめが細かく、脂がのって非常に美味です。
漁獲が少なく、さばいてからの鮮度が落ちやすいのも難点で、〆たての美味しさがなかなか持続しません。
そんな理由からか、焼き物や煮物に重宝されます。
当店ではお吸い物に使っています。
久しぶりに大きいものが入ったので、写真を撮ってみました。
私の手が邪魔でした・・・

2017年5月19日 (金)

さざえ御飯

ある御献立で、さざえの御飯を作りました。

Photo細かく刻んださざえと肝を乗せで、かつおと昆布のだしを入れて炊き込みました。
磯の香りと、出汁の風味があいまって、非常に美味しいご飯でした。
さらに底にできたおこげが最高でした。
ご希望のお客様がいらっしゃればいつでもご対応させていただきます。

2017年5月18日 (木)

怖いお話

知人が保育園の食事の献立を作成することになり、合わせて食育も兼ねることになったというお話を聞きました。

それに先立ち、園児全員にお出汁の素で作った市販のお出汁と、鰹節と昆布から作ったお出しを飲んでいただいて、どちらがおいしかったかという調査を行ったそうです。
その場で丸を付けてもらい、その後集計するという手法だったそうですが、結果9割の園児が市販のお出しのほうが美味しいと思っているという結果が出たそうです。
確かにうまく研究しつくされているというのも一理ありますが、普段から食べなれている市販品のほうが美味しかったのでしょう。
それを聞いたときに
(恐ろしい!)
と食に携わるものとして、感じてしまいました。
我々料理人がれっきとしたものを作っていかないといけないと共に、それを伝える使命もあるのかなと感じさせるお話でした。

2017年5月15日 (月)

茶花

父の同級生が本を出版いたしました。

Photo茶花の文化史。
なかなか高尚なお名前です。
茶花とは、本書によると、比較的最近(とはいえ中世には使われていないという意味で、江戸時代元禄期からは散見)使われ始めた言葉で、お茶の席に活けられたお花のことを指します。
その茶花の中で、特によく使われる20種類ほどについて書かれた本です。
著者は大学の植物学の元教授で、退職後にこの本を出版いたしました。
茶道にも造詣が深く、かなり、マニアックで、茶道史と花とを結び付けて語っていくので、かなり興味深い内容となっています。
まだすべて読んではいませんが、なかなか濃密なお話。
ここまで深く掘り下げられるものかと、感心いたしております。

2017年5月13日 (土)

苺ウイスキー

Photo

パリ在住の知り合いに教えていただきました。
苺ウイスキーです。
苺と少量のお砂糖を入れて、これにウイスキーをひたひたに注ぎます。
5日間冷蔵庫にて浸けおきます。
この5日間が待ち遠しい。
やっと本日喪が明けて、頂くことに。
ジャム的なリキュールになり、ウイスキーとは全く別物。
女子的飲み物です。
しかし、エキスが出て、ウイスキーが浸み込んだ苺は全くいただけません。
ジャムにすると美味しいらしいのですが、そのままではアウトです。

2017年5月12日 (金)

カステラ

Img_74781

今月の献立に、カステラと称しまして、江戸前寿司でいう「玉(ぎょく)」を入れています。
白身魚のすり身をベースにして、卵等を入れて、型にはめ、低温のオーブンでじっくり焼き上げています。
ラム酒やブランデーを香りづけに入れて、一風変わった珍味に仕上げています。
これが賛否両論で、美味しいと言われる方と甘い卵はちょっと。と言われる方に分かれます。
不思議ですが、普段のお料理は関東がしょっぱめ、関西が甘めかと思っておりますが、玉子関係のみに関すれば、関西はしょっぱめ、関東は甘めです。
皆様のお好みはいかがなものでしょう。

2017年5月11日 (木)

二日酔いの原因

Photo


先日来、部屋にあった泡盛で晩酌をしておりました。
あまり飲まないのですが、1升瓶で場所も取るし、そんなに残っていないので
(やっつけておくか)
と軽い気持ちでした。
たまに飲むことのある、焼酎のソーダ割と同じように飲んで、いい気分になって寝ると、きまって二日酔い気味で、頭痛がします。
(そんなに飲んだつもりないのにな)
という思いと裏腹に、午前中若干いやな思いをしながら、過ごしておりました。
よくよく考えてみると、飲み口がいいだけで、アルコール度数は焼酎の2倍近くあるので、そりゃ残るのも無理はない。
お酒をたしなむ者にあるまじき失態であります。
もう少し考えてからお酒をいただかないと・・・

2017年5月10日 (水)

ちまき寿司

五月は毎年ちまきのお寿司を献立に入れています。


Photo
今回は鯛のお寿司を入れています。
ちまきはもちろん、五月五日の端午の節句にちなんだものですが、お祭りの菖蒲に見立てて、ちまきの先の笹を織り込まずに立てて、巻いています。
手間なので、なかなか大変なお料理の一つではありますが、私はこの存在感が大好きで、手間がかかるというこちら側の付加価値もあるのですが、無理して作っております。
このお寿司を見かけたら、味わいはもとより、その思いを少しだけ感じていただけた幸いかと思います。

2017年5月 9日 (火)

ポピー

Photo

長男がもらってきたポピーの花が咲きました。
4か月前に種をもらい、プランターに植え、芽は出て、葉が茂ってきたものの、栄養不足で妻からは
「春菊なんじゃない?」
とそしられる始末。
見かねた父が、肥料を撒いてくれて、一気に成長。
植物と栄養の関係は偉大です。
そして2週間ほど前に花芽が出て、ついに本日花を咲かせました。
残念なことに雨に打たれてしまいましたが、きれいな、清楚な花でした。
これからいくつか楽しめそうです。

2017年5月 8日 (月)

ゴールデンウィーク

初めてゴールデンウィークにたくさん連休を取りました。

3,4日営業して、5日、6日、7日と3連休をいただきました。
おかげでのんびりできましたと言いたいところですが、動き詰めで、逆に疲れました。
1日は香川県にお四国参りの続きに行きました。
途中、美味しいうどん屋さんに。
Photo
たらいの釜揚げうどんですが、6玉を4人で頂きました。
以前では考えられませんでしたが、どうもこれでは足りない気味。
大人は明らかに退化しておりますが、子供は素晴らしい勢いで成長中。
いつかこのたらいを2つ食べれる時が来たら、すごいことですね!

2017年5月 1日 (月)

月が替わりました

5月になりました。

何となく暖かく、食材もそちら方面に向かっております。
豆類がシーズンを迎え、胡瓜や茄子が走りの時期です。
そんな中、暖かい時期の野菜の代表格がこちら。
Photo
芋茎(ずいき)です。
里芋の芽の茎を陽を当てずに白色化させ、軟化させたものです。
アクも少なく、しゃくしゃくとした食感が特徴です。
和え物や酢の物にして使います。
私の大好きなお野菜の一つです。
これから、汗ばむような日がやってくるんでしょうね。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ