« 苺ウイスキー | トップページ | 怖いお話 »

2017年5月15日 (月)

茶花

父の同級生が本を出版いたしました。

Photo茶花の文化史。
なかなか高尚なお名前です。
茶花とは、本書によると、比較的最近(とはいえ中世には使われていないという意味で、江戸時代元禄期からは散見)使われ始めた言葉で、お茶の席に活けられたお花のことを指します。
その茶花の中で、特によく使われる20種類ほどについて書かれた本です。
著者は大学の植物学の元教授で、退職後にこの本を出版いたしました。
茶道にも造詣が深く、かなり、マニアックで、茶道史と花とを結び付けて語っていくので、かなり興味深い内容となっています。
まだすべて読んではいませんが、なかなか濃密なお話。
ここまで深く掘り下げられるものかと、感心いたしております。

« 苺ウイスキー | トップページ | 怖いお話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 苺ウイスキー | トップページ | 怖いお話 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ