« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月28日 (水)

和食とワインを楽しむ会

Photo

今月の当店開催のワイン会は南アフリカのワインをピックアップいたしました。
こちらの3本が私が厳選したものです。
いずれも彼の地らしい、力強い素晴らしいワインで、。お客様からも好評でした。
一度機会があれば、訪れてみたいものです。
すっごい広いんだろうな。
さて、来月はどのような美味しいワインに出会えるか。
今から選定に入ります。

2017年6月26日 (月)

映画

昨日、映画を見に行きました。

久しぶりで、映画を見ることが嫌いなわけではなく、むしろ好きな方なのですが、いかんせん,やりたいことが多く、優先順位の関係で、自分が興味を持った映画を見ることは、ほとんどありません。
今回も華道を習う妻が、その関係で見に行きたかったという
「花戦さ」
という映画を鑑賞しました。
中一と生四の息子たちも連れて。
私はともかく、子供たちにわかるのかと言う疑念はありましたが、長男は歴史好きにつき、問題なし。
しかし、次男はちょっと理解しづらく、後半は寝てしまったそうです。
内容もキャストも充実して、非常に面白い、興味深い内容でした。
もっと評価されてもよい作品かと思うのですが、あまりお客さんの入りがよさそうなうわさは聞きません。
お勧めですので、是非ご覧になってください。
池坊と千家との接点があったように書かれております。真実はご想像にお任せいたします。

2017年6月23日 (金)

自家菜園

今年、妻が野菜づくりに挑戦しています。


Photoとはいえ、プランターで作る、プチトマトとバジルなので、さほど技術がいるものではありません。
街中のビルのベランダで作るので、日照が足りないのがウィークポイントです。
2週間ほど前に実を付けたトマトが、やっと赤くなりつつあります。
自宅でできたプチトマトとバジルと、走りの桃とモッチァレラチーズで作るカプレーゼで、ワインが飲めたら、なんだか幸せだなと期待しております。
しかもできれば休日の昼食が至福かもしれません。

2017年6月21日 (水)

わら納豆

初めて本物を食べました。

藁についた納豆菌で、大豆を発酵させてできたのが「納豆」ですが、巷で売られている納豆は、藁の納豆菌を使って発酵させてはいません。
ですから、パックに入っております。
さて、本物を食べたことあるのか?と言う話題になり、納豆は好きながら、藁に入ったものを食べた事が無いという事実に気づき、ネットで購入することに。
Photo
普段食べているものより、香りが強く、豆の色も黒ずみ、見た目は別物でした。
さて、その肝心のお味ですが、ことのほか美味しいものでした。
正直、今まで食べたものの中で一番、美味しかったです。
豆は柔らかく、香りは良く、素晴らしいご飯のお供でありました。
ただ難点はお高いことです。
取り寄せるので、さらに送料が必要です。
普段に食べられるものではないようです。

2017年6月20日 (火)

やっと雨

西日本では空梅雨の様相で、所々では取水制限も始まり

「すわ、水不足か!」
と若干不安でありました。
料理屋とはいえ、水商売。とにかく水がなければ始まりません。
20年ほど前の渇水が頭をよぎりました。
当時は学生でしたが、店は本当に大変そうでした。
これから週末にかけて、一応雨が予想されているようです。
梅雨と言えば憂鬱ではありますが、必要な時には必要なものがあるんですよね。

2017年6月19日 (月)

父の日

昨日、父の日でしたが、なぜか私が手打ちのお蕎麦を作り、出汁まきを巻き、海老の天ぷらを揚げました。

どうも私の記憶はうつろですが、昨年も同じようにそばを打ったらしいです。
Photo
ただ、子供たちが父の日にワインを買ってくれました。
お蕎麦とともに心地よいランチを自宅で頂きました。
大体、世の中で母の日よりも、父の日のほうがおろそかにされがちだそうです。
いつまで祝ってもらえるかはわかりませんが、とりあえずうれしいものです。

2017年6月17日 (土)

試飲会

先日、酒屋さんのお誘いで、小さな試飲会にお伺いしました。

Photo
日本、ニュージーランド、オーストラリアの限られたものですが、すべてのワインが
「自然派」
と呼ばれる、農薬も極力使わず、肥料も有機、醸造の際の添加物も入れなかったり、ごく少量だったりと、このところの流行のワインのカテゴリーでもあります。
いわゆる我々が普段に口にするワインとは一線を画す味わいで、知らない人が飲むと
「えっ」
と言ってしまうかもしれないような、香りや味わい(特に特徴的な酸味)があります。
さて、この手のワインを売るには、飲み手をすごく選ばなくてはいけません。
うちのお客様で理解して飲んでいただける方がいるのでしょうか。
お客様を育てるのもソムリエの仕事などと、カッコつけたりして。

































2017年6月16日 (金)

大蔵寺

知り合いのお寺にお参りさせていただきました。

Photo松山市高岡町にあるお寺ですが、先月、境内を新たに改修して、落慶法要が行われました。
こじんまりと、きれいで、立派な本堂が出来上がっていました。
2
左右に広がる本瓦葺が裏の藪に映えて、そのアーチが美しいものでした。
3
もちろん内部は新しく、これから数百年後にどのような変化が起こるのかと思うと、ロマンさえ感じられます。
沢山の檀信徒に支えられ、思いを成し遂げられた住職のお話もお伺いすることができました。
その情熱冷めやらぬといった感じでした。

2017年6月15日 (木)

とうもろこし御飯

今月の昼懐石¥5000の御飯です。

Photoたっぷりのトウモロコシと白身のお魚を御飯に乗せて、土鍋で炊き上げます。
とうもろこしの甘みと、お魚のうまみの融合で、本当に美味しいご飯です。
季節感もあり、お客様からはすこぶる喜ばれております。
食べ過ぎてしまうのが、体に悪い。
食べすぎ注意です。

2017年6月12日 (月)

カレイもシーズン

愛媛県の知られざる名産にカレイがあります。

マコガレイと言う種類のカレイが多く水揚げされ、愛媛県の西側の瀬戸内海沖に一大産卵地があると言われています。
Photo今回の物は体高(魚の厚み)もあり、非常に良品でした。
薄造り、普通のお刺身に使いますが、とても甘みがあります。
不思議なことに30年前には「平目のほうが高級品」と言われていましたが、現在では完全に逆転して、金額的にもかなりの開きがあります。
カレイの良さに気づいたのか?
それとも東京での需要が増えたからなのか、不思議な現象です。夏の間、鯛が今一つの間使っていきたいと思います。

2017年6月10日 (土)

椎茸 極

お客様からサンプルの椎茸をいただきました。

Photo
徳島県産の菌床椎茸で、栃木県の会社が開発した特別な椎茸菌で栽培されたものです。
大きいので、生産効率も悪いそうですが、その大きさたるや、驚くほどのサイズです。
焼物と揚げ物にしましたが、従業員の評価では天婦羅が好評でした。
2
歯ごたえも味わいも素晴らしかったです。
近いうちに、献立に入れてみたいと思います。

2017年6月 8日 (木)

臨床仏教師

タイトルの「臨床仏教師」とは聞きなれない言葉ですが、癌など余命を宣告された患者さんとお話をして、安らかに最後を迎えてもらう手伝いをする僧侶で(表現が適切ではないかもしれません)、宗派を問わず、適性試験をクリアして、規定の実習時間をクリアした僧侶のみが認定される資格です。

日本には11人しかおらず、愛媛には一人のみです。
それが父の実家の副住職で、私のいとこです。
彼が本日、地元紙に掲載されました。
Photo最初その取り組みを聞いたとき
(そんなの患者さんが素直に受け入れてくれるのだろうか?)
と疑問に思っておりました。
ところが、本人以外の周りから聞こえてくる言葉では、ドクターも、患者さんのご家族など、ありがたかったとのお話ばかり。
亡くなったご家族からは
「父が楽しみにしていたんですよ」
そんなお話を聞いたとき、そういう世界なんだと、再認識いたしました。
海外では神父さんが病院で活躍しているという話も聞きました。
癌は特に心のケアが必要だとも聞いています。
薬以外の治療法としての活躍の場もあるのかもしれません。
今後の彼の健闘を楽しみにしております。

2017年6月 7日 (水)

あこう

Photo_3

今年もアコウの季節がやって参りました。
年中、そこそこ美味しいお魚ですが、やはり夏のイメージがあります。
瀬戸内地方では「アコウ」と呼ばれていますが、正確には「キジハタ」と言う名前です。
白身で上質な脂があり、身質と脂とそれに伴ううま味のバランスが最高です。
写真の物は刺し網でとられたもののようで、網の傷がありますが、当店に入荷しているものの多くは一本釣りの物です。
蒸し物や煮つけにも好適です。
やや高価なお魚ではありますが、興味がある方はご一報いただけたらと思います。

2017年6月 5日 (月)

月次釜

昨日はお稽古に伺っている、茶道の先生が「月次釜」と呼ばれる、大寄せのお茶会の担当を務められました。

去年はなかったので、2年ぶりの大役です。
私も若輩ながら、お点前の担当として、お手伝いさせていただきました。
計2回のお点前をさせていただきました。
初めは緊張もあって、がちがちになっているのを感じて、自分自身が可笑しかったですが、無難にこなすことができました。
2回目は家族がそろってお席に来てくれたので、急遽、順番を変わってもらって、私がお点前をすることになりました。
2回目だけに緊張はなかったのですが、逆に気が抜けたのか、ちょっとした失敗をしてしましました。
誰かに気づかれていたかどうかは別として、無難に終わりまでたどり着くことができました。
やれやれ、そこそこお稽古して臨んだはずなのに、うまくいかないものです。
ただ、充実した一日でありました。

2017年6月 3日 (土)

サルシッチャ

我が家の朝食に豪華なソーセージが登場いたしました。

Photo
イタリアのソーセージですが、ひき肉と言うよりは、叩いた肉の腸詰めと言った感じで、とても肉肉しかったです。
しかし我々は日本のハムメーカーが作るソーセージに慣れてしまっているので、残念なことにそっちの方が美味しく感じるのです。
外国の方が食べたらどう感じるんでしょうね。

2017年6月 2日 (金)

太刀魚 

今月のお昼のメニューに太刀魚の焼物を入れています。

今日入荷したのはなかなかのサイズの物。しかも釣りでとったもの。
Photo
太刀魚を持っている彼は、1m80cm近くの身長。かなりのサイズの物です。
身質もよく、とっても美味しい焼き魚になりました。
今月は鱧、アユなどの入荷もあり、夏に向けて食材も変わりつつあります。
お料理を楽しみにご来店いただければと思います。

2017年6月 1日 (木)

今年も入荷しました

天然のウナギが今年も入荷しております。

Photo
京都の問屋さんから仕入れたものですが、静岡県産の物を川の柔らかそうなものを選んで、送ってもらっています。
一匹700g~1kといわゆる「大ウナギ」に分類されるサイズですが、非常に上質の脂で、この上なく美味しいです。
是非、興味がある方はお声がけいただければと思います。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ