« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月29日 (月)

新年会

昨日、きよみずスタッフで新年会をやりました。

今年は知り合いの「はまさく」さんにお願いしました。
大将も頑張ってくれて、美味しいものをたくさん用意してくれました。写真は一部ですが、非常に満足させていただきました。
Photo
              牡蠣とフグの白子と生湯葉のポン酢和えです。
                      とても美味しかったです。
2                         お造りです。
3              鴨 とフォアグラの小鍋。好評だった一品でした。
これで今年一年頑張れます。お世話になりました。

2018年1月28日 (日)

松山銘菓 タルト

Photo

頂き物です。
松山の銘菓ですが、なかなか自分たちで買うことはありませんが、たまに食べるととっても美味しく、地元の人間でありながら「これは売れるわ」と再確認できるわけです。
中でも写真のタルトは超特選タルトと呼ばれるもので、一本一本手巻きで作られています。
従業員みんなで食べましたが、感動モノでした。

2018年1月25日 (木)

ひふみん語録

Photo

我が家のトイレには妻のお気に入りの「ひふみんカレンダー」が置いてあります。
加藤一二三元プロ棋士は私が中学生であった30年ほど間にはすでに超一流の棋士から、若干下がりつつあった印象のある棋士でした。
当時は中原永世名人の全盛で、その後若手が台頭してきます。その一世代前の彼ですが、いま、芸能界でちょっとした地位を築きつつあるように思えます。
彼は敬虔なクリスチャンらしく、言葉は感じるところはあります。
昨日の言葉は写真の通り。
妻はやたら私にこの言葉を勧めてきました。
私はいつでも寛容なつもりなのですが・・・

2018年1月24日 (水)

南部美人

Photo

入荷しました。
岩手県南部美人が手掛ける、日本酒の瓶内二次発酵スパークリングです。
この所、日本酒のスパークリングが注目を集め、海外も含めて、ちょっとしたブームとなっています。
そんな中でいくつかの蔵元たちが集まり、日本酒をシャンパンと同じような製法で、スパークリング日本酒を作ろうという取り組みが始まっています。
実際、日本酒のコンテストでもその部門が作られました。
まだ、味を見ていませんが、期待感はあります。
ただ、手間が手間なだけに、ちょっと高価です!

2018年1月23日 (火)

またまたふぐ

Photo

長浜(愛媛県)さんの天然トラフグです。

サイズが良く、見栄えがいいので写真を撮ってみました。
大きな白子が入っているにもかかわらず、身の質はこの上ないものでした。
こんなのばっかりが入荷して、これが毎日何匹も使えるくらいお客さんが来られることを期待します!

2018年1月20日 (土)

白子の季節です

冬真っただ中で、ふぐがまさにシーズン。

そして、好きな人にはたまらない、
Photo
天然トラフグの白子です。こんな大きなものが入り始めました。
白い宝石とも呼ばれ、キロ単価、5万円とも10万円ともいわれる代物。
今の時期、柚の釜に入れて蒸し上げる「柚子蒸し」と言うお料理でご提供させていただいております。
塩焼きやお天婦羅もお勧め。
少し値は張りますが、食べる価値は大ありですよ。

2018年1月18日 (木)

金覆輪

金覆輪というお菓子があります。

何年か前に初めて頂いたときは
(世の中にこんな和菓子があるのか!)
と心底驚嘆いたしました。
それから、年にいちどほどいただく機会に恵まれ、今年も口にすることができました。
Photo
中に栗が入って、周りはよくわからない餡子たち。
ものすごく美味しくて、異次元。
こんな食べ物を考えられる人がいるかと思うと、尊敬します。
これで、今年一年、たぶん幸せ。
そんな銘菓だと思っています。

2018年1月16日 (火)

初釜

茶道の新春のお茶席を初釜と言います。

お茶御頂くことですが、私が通うお社中の初釜では点心を用意してくれます。
1年おきですが、私もそのお料理の担当をします。
今年はその担当の年。
私もそのお席に同席するので、お料理の評価がダイレクトに来る恐怖の瞬間です。
自身は
「美味しいであろう」
と思い、もちろん作っておりますが、評価を下すのはほかの人。
恐る恐るです。
30
このお料理に煮物椀が付きます。おおむね好評でしたが、量が多すぎるかもしれないという、懸念もありました。
きよみずでもこうしたお料理を引き受けたいところですが、なかなか盛り付け等の問題があり、難しいところがあります。
ご相談は受け付けておりますので、どうぞお問い合わせください。

2018年1月13日 (土)

塩ラーメン

Photo

店で塩豚塩ラーメンをいただきました。
残った魚の出しにちょっと加減をして、頂き物のゆずの皮と、豚肉を塩炒めしたものをトッピングします。
香りと豚肉の味と、魚のだし汁の味が絶妙にマッチして、とってもおいしかったです。
ただ、うちのラーメンは汁が少ないのが、難点です。

2018年1月12日 (金)

寒いですね

南国愛媛でも地域によってはたくさんの雪が降っているようです。

明日、13日のご予約の地元のお客様からも
「雪で動けそうにないので、今回は」
とキャンセルのご連絡をいただきました。
Photo
                     ※松山ではありません
そんな中、県産の筍の初荷が出て、八百屋さんが持ってきてくれました。
寒いや、暖かいや、よくわかりませんが、冬の次に春が来ることは間違えないようです。

2018年1月10日 (水)

金柑の収穫に行ってきました

Photo

父の実家で金柑を栽培してもらっています。
おせち料理には間に合いませんが、新春以降のあしらえなどに使う予定です。
2
種を抜いて、甘く炊き、蜜煮にします。
手間のかかる昔ながらの仕事ですが、日本料理文化の継承に必要かと大げさながら思っております。

2018年1月 9日 (火)

最後のお食事会です

妹夫婦が帰っていきました。

おせち料理を手伝ってもらい、年を越して明日、カナダへと帰国予定です。
最後に選んだのはお寿司。
私の同級生が営むお寿司屋さんに伺いました。
Img_85991
子供たちが大好きなハギと肝を使った握り。分かってくれており、たくさん仕込んでくれています。
Img_86011
赤貝。春に向けて旬ですが、美味しい寿司ネタの一つです。

Img_86021
穴子。次男はベストの一品に選んでおりました。
Img_86031車エビ。
どれも美味しく頂きました。もっと食べたのですが、あたかもこれだけしか食べていないような感じで、これくらいだけアップしておきます。
それにしても子供は本当にお寿司が大好きです。ほかのお料理はまだまだ食べる量は少ないですが、寿司は大人並みです。

2018年1月 8日 (月)

七草がゆ

2018

今年は7日が日曜日でしたが、当店の七草がゆを楽しみにされている方もいらっしゃるために、営業いたしました。(ほかにも理由があるのですが)
七草がゆとはいえ、、当店の物は正確には「七草雑炊」です。
七草は午前中のうちに下味をつけて、そういう意味では料理屋のお料理として、作っています。
そして今年はお米をもち米にして風味を増し、さらにお餅も入れました。
我々も賄いで頂きましたが、これで今シーズンの風邪はないはず。
今年一年健やかでありますように。

2018年1月 6日 (土)

あけましておめでとうございます

今年も旧年中同様、よろしくお願いいたします。

さて、本日夜の営業より、きよみずは2018年の通常営業を開始いたしました。
今年も美味しいものでお客様を笑顔に、そして幸せにしてさし上げれたらなと思っております。
今週は明日、1月7日は日曜日ですが、平常通り営業させていただき、8日の成人の日をお休みとさせていただきます。

何となく、年末からの営業以外のおせち料理等の仕事の関係で、お正月気分の抜けきらない日々が続きそうですが、気を引き締めていきたいと思います。
引き続き、ご支援お願いいたします。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ