« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月30日 (水)

クエ入荷しました

Img_0084

今年もこの寒い時期に、クエが入荷いたしました。
九州産のもので小ぶりではありますが、非常に肥えた良いものです。
お造りや鍋、一口の天ぷらなどを交えたコースでご提供いたします。
おひとり様¥13,000(税サ別)です。
ご興味のある方はご連絡いただければと思います。

2019年1月28日 (月)

朝しぼり

Img_0076_2

新酒の時期がやってまいりました。
これからが本格的な酒仕込みの時期ではありますが、グレードの高いお酒は最も寒い時期に作られ、スタンダードなレベルの物は、それ以前に作られる傾向にあります。
それはもともと冷房施設が無い場合、醸造時期に温度が高くなりすぎて、雑菌が繁殖することを嫌うため、寒い時期に仕込むお酒が良いとされていたからです。
今では温度の管理がしやすくなってきているため、その限りではありませんが、それでも、そういう傾向にあります。
先陣を切って毎年届けられるのが、栄光酒造の朝しぼりです。
このお酒が、毎年出来が良く、フレッシュで軽快な、新酒らしいもので、楽しみに待っています。
そして先日届けられて、すぐさま開封。味を見させていただきました。
今年の出来も申し分ありませんでした。
ちなみに、このお酒の本領が発揮されるのは実は半年以上先。置いて新酒感がなくなってからが美味しいのです。
でもその時にはもうに飲みつくされているのですが・・・

2019年1月23日 (水)

ふぐ白子

ふぐのお料理をこの時期、提供しておりますが、待望の白子がシーズン入りしてきました。

Img_0072
晩春に産卵をするので、これからだんだん白子が大きくなってきます。
それに伴って、身自体は痩せていく傾向にありますが、味にはさほど問題ありません。1月2月が身も白子も充実した、本当のシーズンと言えるでしょう。
写真は当店の名物、とらふぐの白子の柚蒸しです。
塩をあてた白子を柚の釜に入れて、たっぷりと日本酒を振りかけて、蒸し上げます。
得も言われぬ至福の味わいです。

2019年1月19日 (土)

千枚漬け

京都の大蕪を使って、千枚漬けを作っています。

皮をむいて、薄くへぐのですが、包丁を使うので、丸ごとは難しいので、半月でやっています。
薄くそいだ物を塩をあてて、漬け込みます。
この時期ならではの漬物で、とっても繊細で美味しいものです。
当店ではこれを棒寿司に巻いて提供しています。

2019年1月18日 (金)

日本ワイン

プレゼントしていただいたワインをいただきました。

Photo
メルシャンが作る国産ワインですが、ブドウの収穫年は1994年です。
当時鳴り物入りで、発売された、国産にしては驚きの価格で、なかなか売れなかった聞きます。
酒質は強いので、熟成する可能性も当時から指摘されていましたが、さて、今現在持っている人はいるのかどうか。
そんなワインを24年経て、頂く機会に恵まれてしまいました。
ワインを見ていただいたらわかるかもしれませんが、しっかり色も濃く、香りも開いていて、まだまだしっかりした状態でした。
結果として、国産の上質な赤ワインも熟成可能で、いい方向に向かうという事が実証されたという事です。
これからの日本の乞うご期待です。

2019年1月16日 (水)

これでは無理でしょ

店のバックヤードで何やらざわめきが起こっています。

気になってのぞいてみると、ビールサーバーに人だかりができて、話し合っております。見てみるとビールサーバーがえらいことに!
Img_0048
見て、わかる方と、わからない方がいらっしゃるかもしれませんが、蛇口でいうと、吐水口が上を向いた状態です。
(これではビールは注げません)
誰がこの状態で設置したかは、個人の尊厳のため伏せておきます。
さて、これを不思議に思わなかったものか!

2019年1月14日 (月)

てっさです

ふぐの薄造りを「てっさ」と呼びますが、当たるとひどいことから、ふぐの事を「鉄」と呼び、それの刺身という意味です。

さて、このてっさを30人前ほど引く機会があり、一人でやると、およそ2時間弱。
Photo最後のころには腰も背中も疲労がたまります。
何となく手に痛みを感じたので包丁を放してみると、Photo_2
年のせいか皮膚や身の戻りが悪くなっているようです。そんなに強い力で握っているつもりもないのですが、相当に一点に圧力がかかっているようです。
もっと力を抜く工夫をすれば、もう一段、技術が上がるのかもしれません。

2019年1月10日 (木)

家庭科の宿題です

Photo

長男の冬休みの家庭科の宿題だそうです。
晩御飯を作る課題だったそうですが、季節の食材を入れないといけないらしく、法蓮草が入ったカレーです。
ひとりで作ってくれる食事が珍しいという事もあって、私の両親まで相伴にあずかり、美味しく頂きました。
写真は自身が盛り付け、写真を撮ったものなので、ちょっとイケていませんが、それもご愛嬌という事で。

2019年1月 7日 (月)

あけましておめでとうございます

2019年が始まりました。

毎年きよみずは1月7日の七草がゆの日から、営業開始で、今年も今日が営業初日です。
Photo
特産の七草セットです。
2
ある方が「七草を買ったら、大根と蕪が入ってた」
なんてことを言っておられましたが、蕪と大根は七草に入っているんです。
すずなが「蕪」、すずしろが「大根」です。
きよみずではお魚の出汁にこれらを刻んだものを刻み込んで、雑炊に仕立てます。これで無病息災。この雑炊を毎年食べに来ていただけるお客様が何人もいらっしゃいます。
今年もなにとぞよろしくお願いいたします。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ