« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月29日 (金)

店の桜

お客様がお庭の桜を切って、毎年持ってきてくださいます。

Img_0276_1
庭から道に伸びる場所に植わっているらしく、道路の上の部分を切ってこられます。

つぼみの間に活けるのですが、桜の良いところは、必ず水が上がり、花が咲きます。つぼみで終わったりはしないのです。

強い花なんでしょうね。

その後満開になりお越しいただいたお客様の目を楽しませてくれます。

室内で、日光を浴びずに開花すると、花が白色化する様で、これも変わり種。

来週頭くらいまでは何とかもつかと思います。どうぞお花見にお越しくださいませ。

Img_0279

2019年3月27日 (水)

あんまと泥棒

内子町の内子座に観劇に行ってまいりました。Img_0256


お題は「あんまと泥棒」というもので、南原清隆・近藤芳正 両氏による二人芝居でした。


この公演は、昭和26年にNHKで放送された放送劇が基になっており、作者は村上元三氏。故中村勘三郎さんがこの作品を気に入って、舞台でも演じてみたいと希望したことから、舞台で演じられるようになった作品で、人情ものの喜劇です。


なぜか広告が目に留まったっようで、妻が家族に「行く?」と言い始めたのがきっかけでした。


なかなか面白い内容で、南原さんこと「ナンチャンの」芝居や落語がなかなか素晴らしく、彼の多彩な一面を垣間見ることができました。


久しぶりに大笑いして、楽しい一日でした。Img_0262


帰りには川沿いの早咲きの枝垂れ桜も見ることができ、良い休日となりました。


Img_0252


 

2019年3月23日 (土)

つばき展


Img_0231
父が参加している椿展を見に行ってきました。
Img_0229
会場にはたくさんの立派な椿が展示され、多くのお客様が観覧されていました。
椿は他種と交配し易く、その過程で、様々な花を付けるものが生まれてきます。
それを楽しむのも椿数寄の冥利の様で、素敵なものがたくさんありました。
上の物などは幹が非常に素晴らしく、私は素人ですが、その素人目にも「すごいな」と感じました。

Img_0224

2019年3月20日 (水)

りんまん

Img_0219
松山地方の季節のお菓子に「りんまん」というのがあります。
上の写真のお菓子ですが、白いお饅頭の上に色のついたお米がちりばめられています。
このお米がうろこの「鱗」似ているからだとか、朝鮮人の「林さん」によって伝えられたからだとか、諸説あるようです。
3月3日の桃の節句のころに食べるお菓子なのですが、昔から、当地方のお節句は1か月遅れの4月3日に行っていた経緯もあり、3月から4月にかけてのお菓子という事になっています。
この時期になると、スーパーの和菓子売り場をはじめ、街中の和菓子店でも取り扱いをするところが多く「春が来たな」と思わせるものの一つです。
味には見た目のような派手さはありませんが、素朴な味わいで、とても美味しいです。

2019年3月15日 (金)

いけませんね

昨晩、仕事が終わり、手がすいたので、先日のお客様にご利用いただいたお代の請求書をポストに投函しに行っていた時の事。
当店の前は駐輪自転車や、呼び込みの方などで、若干通行できる幅が少なくなっていることがあります。
その自転車のすれすれを歩いていた時、向かいから、狭い道を結構な勢いで車が進んできました。
ただ、歩いていただけでしたが、通り際にその車のドアミラーが
「バシン!」
私の腕に接触しました。
その車には
(代行運転)
のマークが。
内心
(この野郎!)
とも思いましたが、ナンバープレートの番号をひかえたり、とっ捕まえてやろうかという気は、全くなかったので、振りかえるだけ、振り返って、その場を走り去る車を見つめましたが、その後(ジンジン)する腕の痛みを感じながら、何となく
(やっぱりあれはいけないよね)
と思う自分がいて。
飲食関係者としては観光の方が年々増えている松山なので、やはり「安全で楽しい」街として,アピールできたらと思います。
できれば危険な運転を街中で、しかも街のお客さまをお相手とされる運転手の方なら、なおさら控えていただきたいものだと思います。
ひとりごとでした。

2019年3月12日 (火)

筍がシーズンインして、今月から、当店でもふんだんに使い始めています。
今の時期の筍がやはり小ぶりで、香りもよく、歯ごたえと味のバランスが良く、いい時期だと思います。
4月になると、どんどん出て、ありがたみは少なくなり、味は大味になってしまいます。
ところで手間なのが、筍を湯がいた後の皮の部分。
Img_0204こちらの内部に、「姫皮」と呼ばれる柔らかい食べられる部分があります。
ただ、これらは手間のわりに、取れる量が少ないのが難点。
何となく、もったいないからという、スケベ心で盛んに使っています。
Img_0205ちりめんと焚いたり、あえ物にすると美味なのです。

2019年3月11日 (月)

花粉症

今年は参っています。
4,5年前に発症した花粉症。それまでは、花粉症の方を見て、気の毒だなと思っていただけで、まさか自分がとも思っていませんでした。
そんな繊細でもないし、アレルギー体質なわけでもないですし。
しかし、発症後は「あの時花粉症の人を馬鹿にしなくてよかったな」
と思うほど、つらかったり、きつい時がありました。
去年あたりは、特に目に反応が出て、ひどかったのですが、今年は鼻と喉がやられています。
他人から「花粉症をなめたらいかんよ」
ときついお言葉をいただき、耳鼻科を受診することに。
たくさんのお薬をいただきました。

Img_0207
薬のおかげで、少しずつ快適に生活できるようになってきました。
例年以上に花粉の飛散量が多く、多くの方がつらい思いをしているようです。
もう少しの辛抱という事にして、我慢してみましょう。

2019年3月 7日 (木)

日本ソムリエ協会愛媛支部例会

今年より一般社団法人日本ソムリエ協会の愛媛支部支部長を拝命しております。
分不相応の大役ですが、会員各位のお役に立てるよう、尽力させていただこうと思っております。
そして、先日支部長として初めての例会が開催されました。
不慣れで、いろいろと不手際もありましたが、定員以上の方にご来場いただき、
何とか無事に終えることができました。
Img_0195今回は日本のお酒「国酒」についてのお話。
日本のオリジナルなお酒としては、清酒、焼酎、泡盛があります。
これらを細かく説明、解説、そしてお料理との相性をご講話いただきました。
外国からのお客様が殺到する中、飲食店的にも日本のお酒のお話は非常に興味深いところ。勉強になりました。
 

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ