« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月27日 (土)

ゴールデンウィーク

世間では10連休ですが、丸まるお休みしてしまうと、うちのような零細なお店は全くもって売り上げが2/3になってしまうわけで、さすがにそれはできませんでした。

結局、4月30日、5月1日、4,5,6日をお休みさせていただくこととなりました。

それ以外は営業いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2019年4月25日 (木)

まな板のこれは何?

今まで使っていなかった種類のまな板を使い始めて、角によくわからない時計のような矢印があることに気づきました。

Img_0274

 

さて一体これは何に使うものだろうと思うのですが、一向にわかりません。

だれかご存知の方いらっしゃいませんか?(*_*)

2019年4月22日 (月)

日本ミツバチ

https://youtu.be/qR8fawQjpJs 

 

お客様からミツバチの巣箱をいただきました。

最初、その方が

「今朝まではおったんやけど、運んでる時に羽音がしないし、夕方逃げとるかもしれない」

と心配されておりましたが、翌朝盛んに飛んでいるのを見て、テンション上がってしまいました。

よくわからないのですが、ミツバチは半径2キロほどの範囲で蜜を集めることが可能なようで、当店からだと松山城や石手川の河川敷もその範囲に入ります。

出て行ったり、帰ってきたりとせわしなく働くミツバチの姿を見ていると、飽きることを知りません。

上手くいけば秋には自家製の蜂蜜が取れるかもしれません。

ちょっと楽しみです。

子供たちや従業員は

「めっちゃ働いてますよ」

と興奮気味ですが、妻は切れ気味です。

「あんたね、人が刺されたり、家に入ってきたらどうするんよ」

つづけて

「私は絶対、鉢に関することは何もせんからね」

とえらい剣幕です。

ミツバチよりは恐ろしいです。

 

 

2019年4月17日 (水)

牡丹

今年も屋上で咲いた牡丹をおろしています。

Img_0346_2

年に2週間足らず咲く花ですが、お世話はもちろん1年間。

人が植物を勝手に育てているからでしょうか。

それとも人と寄り添ってこうしてうまく種を保存しているのでしょうか。

何せ、我々の目をことのほか喜ばせてくれます。

「立てば芍薬、座れば牡丹・・・」

と言いますが誠にきれいな花です。

2019年4月13日 (土)

胡蝶蘭

決して、趣味とまでは申しませんが、蘭を育てています。

おもにお祝いでもらったものなどを株分けして、そのまま栽培しているのですが、やはりなかなか思うようにはいきません。

そんな難しい蘭ですが、今年もいくつか花を付けてくれました。

Img_0306

Img_0324

大きく、華麗で優雅な花を咲かせますが、鑑賞できるのは年間でも数週間。それ以外はただの観葉植物です。

妻からの風当たりは強いですが、めげずに育ててみたいと思っております。

2019年4月11日 (木)

行者ニンニク

東北から北海道にかけて、行者ニンニクという山菜が捕れます。

Img_0323

言い伝えでは、山伏や修行者などが、精を付けるために、取って食べたとか。

それくらい春の野菜の中では栄養価が高く、体に良いと言われていますが、その真意は定かではありません。

5年ほど前から頻繁に栽培物が出回り始め、南国の四国でも春先、普通に見かけるようになりました。

今月はみる貝と合わせて、ヌタ和えにしております。

なかなか大人の味で美味しい一品です。

2019年4月 8日 (月)

ワイン検定

日本ソムリエ協会が開催する、入門者向けの検定試験があります。

ワイン検定ブロンズクラス

です。ワインエキスパートという愛好家の有資格者が講師となって、講義をし、その後、検定試験を行います。

その後先生にもよりますが、参加者や過去の受講者を募って、懇親会を催したりもします。

昨日は愛媛県の西条市でその検定試験が行われ、懇親会があるというので、オブザーバーで参加させていただきました。

Img_0318スパークリングワインで、乾杯しました。

 

Img_0309きれいな前菜。

Img_0311

美味しい甲州のワインです。

 


Img_0313


Img_0315
皆さん思い思いに、熱くワインについて語り合っていらっしゃいます。

ワイン好きの和がますます広がっていきそうな予感です。

 

 

2019年4月 6日 (土)

蕗の葉じゃこ

春野菜として蕗(ふき)を使いますが、副産物で葉っぱが付いてきます。

Img_0304

これを少しためておいて、湯がいて刻み、しっかり水でさらしてあく抜きののちに、ちりめんじゃこと一緒にお出汁で焚きます。

Img_0303

ご飯などのあてにもなりますが、当店では主に焼き魚のあしらえとして使っています。

少量ですが、とっても美味しいものです。

若い時にはこのようなものを美味しいとは思いませんでしたが、今では滋味深いとまで思えるようになりました。

和食のありがたさは年々深まるばかりです。

2019年4月 2日 (火)

お花見

日曜日に家族でお花見をしました。

Img_0287

近くの河川敷にお弁当とワインをもって行った簡単なものでしたが、7、8分咲きで、見頃でした。

周りの桜以外の木の下を見てみると、ちょっとしたお宝が。

Img_0288

野蒜(のびる)です。山菜で葱の一種と思われます。

以前から自生しているのは知っていましたが、4月は柔らかくておいしいのですが、5月になると硬くて食べられなくなります。

翌日、酢味噌あえにして、美味しく頂きました。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ