« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月27日 (金)

新人さん!

コロナ禍で学校が早くから春休みになってしまい、暇を持て余している我が家の次男君。

たまの忙しい日に

「ちょっとお父さんのお手伝いしてくれない?」

というと、嫌がる様子もなく

「やってあげてもいいよ」

(上から目線です)

で、あまりつまらないことをさせたのでは悪印象かと思い、お魚の仕込みを手伝わせることに。

うろこをかいたり、骨を抜いたり。

祖父とも楽しそうにやっております。

もうすこしで中学校入学ですが、私なんかとは違って、素直に育っております。

Img_1956

2020年3月24日 (火)

胡蝶蘭

何気に育てている胡蝶蘭ですが、毎年いくつかは花を咲かせております。

今年は初めて、花芽を折ることなく、すべての花芽を無事咲かせることができました。

花芽は伸び始めてすぐの時期。そして先5センチほどが非常に脆弱です。

 

花の種類により、早い遅いがありますが、今が盛りのようです。

Img_1947

中でものこの黄色い種類の小さい花を付けているものが今年のヒット。

Img_1945

後ひと月近くは楽しませてくれますが、楽しみにそう思っているのは、家族の中で私だけのようです。

2020年3月18日 (水)

光ワイン

愛媛県の南西部、西予市宇和町というところで、ワイン用のブドウ造りをされている方がいます。

不思議なご縁でつながって、何年もお付き合いさせていただいておりますが、もともと農家でありながら、ワイン造りに目覚め、ワイン醸造用の品種を手がけました。

自身では醸造する免許がないため、現在岡山の方の醸造施設で自作のブドウからワインを醸してもらっております。

そのワインを3年ほど前から、女性のみがテイスティングして、ワインを評価する

「サクラアワード」

というワインコンクールに出品するようになりました。

もともと、比べるものもなく、誇りをもって

 

「愛媛のブドウでワインを」

と思われていたわけですが、出品を機会に、自分のワインがどのように評価されるのかが、客観的に見れるようになったようです。

出品一度目は、赤ワインがシルバーという銀賞。ランクでいうと上から3番目の評価です。

それでも

「賞なし」

というワインが半数以上を占める中で、まずまずの手ごたえを感じられたようで、ある程度喜んでいらしたようでした。

そして勇んで挑んだ2年目。

なんとその「賞なし」。とても残念そうに、うちに来られてお話されていました。

 

「出来は悪くなかったと思ったのだが」と。

そして今年度。なんと一度目とは違い、白ワインが大躍進の「ダブルゴールド」という最高の評価!

そして、そのことを知った大手新聞の地方欄に、でかでかと掲載されました。

Img_1862

愛媛で素晴らしいブドウを作り、それでワインを作る。何ともロマンがあるではないですか。

愚直に自分の思いを貫き、そしてつかんだ栄冠。なかなか真似できることではありません。

当店でも取り扱いがありますが、生産量も少なく、そのうち市場から消えることでしょう。

栄冠は記憶にしか残らないのです。いやあ、ワイン、素晴らしいですね。

2020年3月11日 (水)

桜に変わりました

寒くなったり、暖かくなったり、まさに「三寒四温」で、まさに春はそこまで来ているといった様子です。

コロナウイルスによる会合自粛などもあり街中はえらい状況になっております。

それでも季節は新しくなり、花は季節ごとに移ろっていきます。

この前までは桃の花を前菜に飾っておりましたが、ぼちぼちいろいろな種類の桜が咲いたとの話が聞こえ始めましたので、お花屋さんに相談して、花を変えてもらうことにしました。

Img_1857

啓翁桜だそうです。

ソメイヨシノの様な派手さはありませんが、つつましげで、かわいい花です。

いっとき、これでお料理に景色を付けたいと思います。

2020年3月 5日 (木)

小皿

久しぶりにお料理に使う小皿がほしくなり、なじみの陶器やさんにサンプルの送付をお願いいたしました。

 

主に、前菜や珍味を提供するのに使おうかと思いますが、さすが我々の意図を汲んでくれるもので、的確で、購入をどれにしようか迷う器ばかりでした。

30点ほどの中から3点選びました。

それがこちらです。

Img_1830

 

しかし、これから制作なので、2,3か月先の納入だそうです。

実は今、使いたいのに・・・

 

2020年3月 4日 (水)

味噌煮

鯖の味噌煮ならぬ「鰆(さわら)の味噌煮」を作りました。

しっぽのお客様に使えない部分を賄にしたわけですが、使用したみそは八丁味噌。

中京、岡崎が名産の豆味噌と呼ばれる種類の味噌で、普通大豆を発酵させるときに米麹や麦麹を使うのですが、この味噌の場合は、大豆の麹を使って、味噌を作ります。

味わいの濃い、うま味の強い味噌となるのですが、色も濃くなります。

それで出来上がった味噌煮がこれです。

Img_1816

我ながら、真っ黒で、いまいち食欲をそそらない見栄えです。

が、味は申し分ありません。

今日もコロナで、街は閑散としております。

2020年3月 2日 (月)

コロナ騒動

コロナウイルスが猛威を振るっており、社会生活にかなり影響を与えております。

先週から2週間先まで、8割近い予約がキャンセルとなり、街を歩く人もまばらの状態。

Img_1823

来ていただける少ないお客様を一生懸命もてなしております。

さて、調理場が仕事に追われているときに、女性陣が我々の仕事である、カウンター磨きを手伝ってくれております。

Img_2671

慣れない仕事に戸惑いつつも、いい仕事をしてくれております。

やはり女性の方がこういう仕事をさせると、丁寧でいいですね。

感謝です。

Img_2678

 

 

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ